キツマンの特徴・見分け方とは?マンコをきつくする方法も紹介

この記事では、キツマンの特徴・見分け方について紹介します。

キツマンの意味とは?
締め付けがきついマンコ。キツキツマンコの略称。

キツマンの特徴・見分け方

  1. 経験人数が少ない
  2. 身長が低い
  3. 口が小さい
  4. 運動系の部活に入っていた
  5. ややぽっちゃりしている
  6. 足首が締まっている
  7. 脚がまっすぐに伸びている
  8. 歯茎がピンク色になっている
  9. 手のひらが白くてふっくらしている

マンコをきつくする方法

  1. 骨盤底筋を鍛える
  2. マンコの感度を良くする
  3. 肉付きを良くする

キツマンとは、「締め付けがきついキツキツマンコ」のことです。上記の特徴に当てはまっている数が多いほど、キツマンである可能性が高いですよ。水泳部や陸上部といった運動系の部活に所属していた女性は、下半身の筋肉が発達しています。アソコの締まりに関わる骨盤底筋も鍛えられているため、マンコの締まりがいいんです。

ちなみにマンコをきつくするには、膣トレが効果的ですよ。膣トレグッズの「LCインナーボール」を使ったトレーニングを行えば、1日10分でマンコの締まりを良くできます。アソコの締まりを良くしたい女性は、ぜひチェックしてみてくださいね。

膣トレグッズのリンクバナー

>>>膣トレでキツマンを手に入れる

キツマンとは?

キツマンの女性とセックスする男性

キツマンとは、「締め付けがきついマンコ」という意味です。キツキツマンコを略した言葉でもあります。筆者はこれまで200人以上の女性とセックスしてきましたが、キツマンの女性が相手だと指を1本入れるのも厳しいくらい、アソコがキツキツなんです。あまりにきつすぎてチンコを挿入できなかったこともあります。

でも、キツマンにいざ挿入できると、病みつきになってしまう気持ちよさがあるんです。チンコをグイグイと締め付けてくるので、あっという間に精子が出てしまいます。キツマンには、男を早漏にさせるパワーがあるんですよね。

実際、キツマンを経験した男性から以下のような体験談がありました。

このように、キツマンは男性にとって気持ちいいものです。キツキツマンコがあまりに気持ちよくて早漏になってしまう人もいるくらいです。キツマンの女性は、男性に喜ばれるものですよ。

キツマンの特徴・見分け方

キツマンの女

キツマンの特徴・見分け方は、以下の通りです。

キツマンの特徴・見分け方

  1. 経験人数が少ない
  2. 身長が低い
  3. 口が小さい
  4. 運動系の部活に入っていた
  5. ややぽっちゃりしている
  6. 足首が締まっている
  7. 脚がまっすぐに伸びている
  8. 歯茎がピンク色になっている
  9. 手のひらが白くてふっくらしている

(1)経験人数が少ない

経験人数が少ない女性は、キツマンであることが多いです。セックスした回数が少ないと、膣がまだほぐれていないので、締め付けがきついんです。実際、キツマンだった女性に経験人数を聞いたところ、5人中5人が経験人数3人未満でした。

ただしセックス経験が少なくても、バイブやディルドを使ってオナニーしている女性だとマンコがほぐされて、キツマンじゃない可能性もあります。そのため、会話の中でオナニーの頻度を聞くなどして、総合的にキツマンかどうかを判断しましょう。

(2)身長が低い

身長が低い女性は、キツマンであることが多いです。身長が小さいと、相対的にマンコのサイズも小さくなります。膣の入り口が小さいと、膣内部も狭くなるので、キツマンである可能性が高いですよ。

200人以上の女性とセックスしてきた筆者の経験上、155cm以下の女性は、キツマンである可能性が高いです。キツマン持ちの女性とセックスして、手マンの時に指が1本しか入らなかった思い出や、挿入してすぐにイってしまった思い出があります。

(3)口が小さい

口が小さい女性は、キツマンであることが多いです。口は第二の性器と呼ばれている部分なので、口のサイズとマンコのサイズは比例します。そのため、口が小さければ、マンコも小さいのでキツマンである可能性が高いですよ。

目の前の女性がキツマンであるかどうか確かめる時は、口の大きさをチェックしましょう。おちょぼ口の女性だと膣の入り口もおちょぼ口になっており、かなりキツキツです。逆に口の大きい女性だと、マンコの入り口も大きいのでガバガバである可能性があります。

(4)運動系の部活に入っていた

運動系の部活に入っていた女性は、キツマンであることが多いです。水泳部や陸上部といった体育会の部活をやっていた女性は、アソコの締まりに関わる骨盤底筋が鍛えられていることが多いからです。これまでの経験上、筋肉量が多い女性ほど、マンコの締まりが良くなっていく傾向があります。

実際、運動系の部活に入っていた女性の締まりについて、以下のような口コミがありました。

このように、体育会系女子の締まりの良さを感じている男性はたくさんいます。僕はデートのたびに、相手の女性に「部活何やってたの?」と聞くのですが、その時に「水泳部だよ」「陸上部だよ」と言われると、「やった!締まり良いぞ!」と心の中でガッツポーズしちゃいますね。運動系の部活をやってた女性は下半身が鍛えられているので、マンコの締まりが良いんです。

(5)ややぽっちゃりしている

ややぽっちゃりしている締まりのいい女

ややぽっちゃりしている女性は、キツマンであることが多いです。膣の締まりは筋肉だけでなく、膣とチンコの密着度も大事です。篠崎愛か磯山さやかくらいのぽっちゃり具合だと、膣内が肉厚になって密着度が高まるので、締まりがきつくなるんです。

実際、ややぽっちゃりしている女性の締まりについて、以下のような口コミがありました。

上記のように、ややぽっちゃりしている女性は締まりがいい場合が多いです。膣の中がムチっとしているため、挿入した時の密着度が上がるんですよね。抱き心地も良いですし、セックスする上で1番気持ちいい体型です。

(6)足首が締まっている

締まりがいい女の足首

足首が締まっている女性は、キツマンであることが多いです。足首が引き締まってる女性は、マンコの締まりに関わる筋肉である「骨盤底筋」が鍛えられているので、締まりが良いですよ。チンコを挿入した時の気持ち良さは格別です。

実際、足首が締まっている女性のマンコの締まりについて、以下のような口コミがありました。

上記のように、女性の足首の締まり具合はマンコの締まりに大きく関わっています。足首が締まっているほど骨盤底筋が発達しているため、締まりが良いんです。もし足首が締まってなかったら締まりが悪い可能性があるので、膣トレをしたほうがいいですよ。

(7)脚がまっすぐに伸びている

脚がまっすぐに伸びている女性は、キツマンであることが多いです。下半身の筋肉がしっかり鍛えられてるので、骨盤底筋も発達しているんですよね。挿入した時にからみついてくる感覚があります。足がまっすぐ伸びている状態とは、立った時に太ももから足首にかけての隙間が少ない状態を指します。足の親指から太ももまで綺麗に伸びている子は、マンコの締まりがいいです。

実際、マンコの締まりと姿勢の関係について、以下のような口コミがありました。

上記のようにマンコの締まりと姿勢の良さは密接に関わっています。足が真っ直ぐに伸びているような姿勢が良い人ほど、マンコの締まりは良いんです。

(8)歯茎がピンク色になっている

歯茎がピンク色な女性は、キツマンであることが多いです。歯茎は内臓の状態を表すパロメータとされています。
歯茎が綺麗なピンクであれば、マンコも健康。締まりがよくて、綺麗なピンクである場合がほとんどです。

笑った時の歯茎を見れば、マンコの締まりの良し悪しは判断できるので、チェックしてみてください。

(9)手のひらが白くてふっくらしている

手のひらが白くてふっくらしている女性は、キツマンであることが多いです。手のひらの質感とマンコの質感は不思議とリンクするんですよね。

手のひらが白くてふっくらしていると、マンコは綺麗なピンク色で、ふっくらした感触があって挿入した時に気持ちいいことが多いです。さらにしっとりと潤いがあればマンコも濡れやすいです。

マンコをきつくする方法

マンコをきつくする方法を実践する女性

マンコをきつくする方法は、以下の通りです。

マンコをきつくする方法

  1. 骨盤底筋を鍛える
  2. マンコの感度を良くする
  3. 肉付きを良くする

キツマンを手に入れるには、骨盤底筋と呼ばれる筋肉を鍛えることが大切です。またエッチで気持ちよくなると自然と膣がキュッと締まるので、感度を良くすることも有効ですね。マンコの締まりを良くするコツについて、詳しく説明します。

(1)骨盤底筋を鍛える

まんこの締まりをきつくするには、骨盤底筋を鍛えるといいですよ。骨盤底筋(こつばんていきん)とは、マンコの周りにある筋肉のことです。この筋肉を鍛えることで、膣の締まりは良くなります。

骨盤底筋を鍛えた女性の例が、以下の動画です。

上記の動画は、3人の子を持つイギリス人の専業主婦カースティさんが、膣トレでまんこの締まりが良くなった例です。カースティさんは膣トレグッズの「インナーボール」を使ってトレーニングした結果、なんと1Kgの重りを「マンコの締まり」だけで持ち上げました。膣マッチョと言っても過言ではありません。

このように骨盤底筋を鍛えることで、マンコの締まりは良くなります。ちなみに骨盤底筋を鍛えるには、LCインナーボールを使った膣トレがおすすめです。1日10分のトレーニングを2週間続ければ、効果を実感できますよ。

>>>LCインナーボールの公式サイトへ

(2)マンコの感度を良くする

マンコの締まりをきつくするには、感度を良くするといいですよ。女性の膣は、オーガズムに達すると自然と締まります。そのため、感度を上げることがアソコの締め付けを良くする近道なのです。

マンコの感度を良くするのにおすすめのグッズが、「さくらの恋猫」です。

アダルトグッズのさくらの恋猫

手のひらサイズの小型バイブで、スマホとBluetooth連動で遠隔操作できることが大きな特徴ですよ。6種類の振動から自分の好きな動きを選べるので、性感帯をピンポイントで刺激することができます。気持ちよくなりながら膣トレしたい女性は、ぜひ試してみてください。

>>>さくらの恋猫の公式サイトへ

(3)肉付きを良くする

マンコの締まりをきつくするには、肉付きを良くするといいですよ。肉付きが良くなることで、膣内のスペースが狭くなるからです。実際、ガリガリの女性よりもぽっちゃりしてる女性とのセックスのほうが気持ちいいんですよね。

ガリガリの女性だと、挿入しても膣内部が空洞のようにスカスカで気持ちよくないんです。包み込まれるような刺激がないので、全く感じません。そのため、肉付きを良くしたほうがマンコの締まりは良くなるので、男性を気持ちよくさせられますよ。

キツマンを手に入れて、好きな人を気持ちよくしよう

キツマンとセックスする男性

以上、キツマンの特徴・見分け方についてお伝えしました。

キツマンの意味とは?
締め付けがきついマンコ

キツマンの特徴・見分け方

  1. 経験人数が少ない
  2. 身長が低い
  3. 口が小さい
  4. 運動系の部活に入っていた
  5. ややぽっちゃりしている
  6. 足首が締まっている
  7. 脚がまっすぐに伸びている
  8. 歯茎がピンク色になっている
  9. 手のひらが白くてふっくらしている

マンコをきつくする方法

  1. 骨盤底筋を鍛える
  2. マンコの感度を良くする
  3. 肉付きを良くする

キツマンとは、「締め付けがきついキツキツマンコ」のことです。上記の特徴に当てはまっている数が多いほど、キツマンである可能性が高いですよ。水泳部や陸上部といった運動系の部活に所属していた女性は、下半身の筋肉が発達しています。アソコの締まりに関わる骨盤底筋も鍛えられているため、マンコの締まりがいいんです。

マンコの締まりをきつくするのに1番おすすめの方法が、LCインナーボールを使った膣トレです。アソコの締まりに関わる骨盤底筋を効率よく鍛えることができますよ。1日10分のトレーニングを2週間続ければ、効果を実感できますよ。

インナーボールのリンクバナー

>>>LCインナーボールの公式サイトへ