騎乗位の練習方法7選!気持ちいい動き方も解説

この記事では、騎乗位の練習方法・動き方についてお伝えします。

騎乗位の動き方
  1. 上下にピストンさせる
  2. 前後にグラインドさせる
  3. 前後左右にグリグリさせる
騎乗位の練習方法
  1. ディルドを使って練習する
  2. スクワットで下半身を鍛える
  3. 膣トレで締まりを鍛える
  4. セックス中に練習する
  5. オナニーの時に腰を動かす
  6. 枕にまたがって腰を動かす
  7. 椅子をまたがって腰を動かす

騎乗位の練習は、ディルドを使うのがおすすめです。実際のセックスに近い感覚でトレーニングできるので、腰の振り方が上達しやすいですよ。騎乗位について詳しく解説していくので、騎乗位が上手くなりたい女性はぜひ最後までお付き合いください。

>>>騎乗位におすすめなディルドの販売サイトへ

騎乗位の動き方

騎乗位で動く女性

騎乗位の動き方は、以下の通りです。

騎乗位の動き方
  1. 上下にピストンさせる
  2. 前後にグラインドさせる
  3. 前後左右にグリグリさせる

騎乗位の動き方は、全部で3種類あります。様々な動き方を覚えておくと、セックスのバリュエーションが増えるので、セックスした相手を飽きさせない効果がありますよ。それぞれの動き方について、詳しく説明しますね。

(1)上下にピストンさせる

騎乗位の動き方は、上下にピストンさせることです。スクワットのように上下運動をすると、男性を気持ちよくできますよ。また女性も膣の奥にあるボルチオ性感帯を刺激できるので、中イキしやすくなります。

騎乗位で上下に動くコツは、手の位置を気をつけることです。男性の腰から肋骨あたりに手を置くと、体勢が安定しますよ。また激しく動きすぎると、すぐにバテてしまいますし、チンコが膣から抜けやすくなります。最初はゆっくり動いてだんだんペースを早くすると良いですよ。

(2)前後にグラインドさせる

騎乗位の動き方は、前後にグラインドさせることです。前後に動くと、チンコの根元からゾワゾワとした快感が押し寄せてきて気持ちいいです。女性はクリトリスが擦れるので、クリイキしやすい動き方ですよ。

騎乗位で前後に動くコツは、男性と両手で握り合うことです。姿勢が安定するので、大きくグラインドするのが楽になりますよ。また激しく動きすぎると、チンコが膣から抜けやすくなります。最初はゆっくり動いてだんだんペースを早くすると良いですよ。

(3)前後左右にグリグリさせる

騎乗位の動き方は、前後左右にグリグリさせることです。前後左右にグリグリすると、チンコ全体を気持ちよくできますよ。密着度が高いので、まるで1つになっているかのような気分を味わえます。

騎乗位で前後左右に動くコツは、ローションを使うことです。ローションを使うと滑りが良くなるため、力をかけなくても大きく動けるようになりますよ。ヌルヌルとした感覚がエロスを引き立てるので、興奮すること間違いなしです。

騎乗位の練習方法

騎乗位の練習をする女性

騎乗位の練習方法は、以下の通りです。

騎乗位の練習方法
  1. ディルドを使って練習する
  2. スクワットで下半身を鍛える
  3. 膣トレで締まりを鍛える
  4. セックス中に練習する
  5. オナニーの時に腰を動かす
  6. 枕にまたがって腰を動かす
  7. 椅子をまたがって腰を動かす

騎乗位は、ディルドを使って練習するのがおすすめです。実際のセックスに近い感覚でトレーニングできるので、腰の振り方が上達しやすいですよ。具体的なトレーニング方法について、詳しく解説していきますね。 

(1)ディルドを使って練習する

騎乗位の練習方法は、ディルドを使うことです。実際のセックスに近い感覚でトレーニングできるのが大きなメリット。本物のセックスに近いほうが実戦で活かしやすいですよ。

Paloqueth ディルド

騎乗位の練習におすすめのディルドが、「Paloqueth ディルド」です。ちょうどいいサイズと硬さが特徴のディルドですよ。吸盤が強く、激しく動いても平気なので、騎乗位の練習に向いています。床にくっつけて騎乗位のトレーニングをしましょう。

>>>Paloqueth ディルドの販売サイトへ

(2)スクワットで下半身を鍛える

騎乗位の練習方法は、スクワットで下半身を鍛えることです。騎乗位は太ももや腹筋の筋肉をたくさん使うので、筋トレするのがおすすめですよ。筋肉をつけることで、腰の振り方が上手くなる、長時間腰を降り続けるメリットがあります。

以下の動画を参考に、スクワットをしてみてください。

1日1回やるだけでも効果は期待できます。スクワットは騎乗位で上下にピストン運動するのと動きが似ているので、継続すれば腰を振るのがもっと上手くなります。ぜひ試してみてくださいね。

(3)膣トレで締まりを鍛える

騎乗位の練習方法は、膣トレで締まりを鍛えることです。膣トレをすると、アソコの締まりが良くなるので、チンコが膣から抜けにくくなります。激しく腰を振っても平気になるので、自分も相手もより気持ちよくなれますよ。

膣トレグッズの「LC インナーボール」を使えば、1日10分の膣トレーニングだけで、アソコの締まりが良くなります。お手軽かつ、確実に騎乗位が上手くなりますよ。

インナーボールのリンクバナー
 
実際に、LCインナーボールで膣トレをした女性の口コミが以下の通りです。
 

このように、LCインナーボールの効果を感じた女性はたくさんいます。膣トレでアソコの締まりを良くすれば、さらに騎乗位が上手くなりますよ。好きな人をたくさん気持ちよくしたい女性におすすめです!
 
>>>「LC インナーボール」を使って、騎乗位の練習をする
 
インナーボールの口コミ・評判をもっと知りたいなら、こちらの記事も要チェックです。
 

(4)セックスで練習する

騎乗位の練習方法は、セックスで練習することです。実戦を通して学ぶのが1番効率良いです。先ほど書いた騎乗位の動き方を試してみましょう。今までの騎乗位より、上手く動けるはずですよ。

また男目線で見ても、自分から「騎乗位したい」と言ってくれる女性はレアですし嬉しい気持ちになります。セックスに積極的なほうが男性は喜ぶので、自分から「騎乗位の練習したいんだよね」と言って、相手してもらいましょう。

(5)オナニーの時に腰を動かす

騎乗位の練習方法は、オナニーの時に腰を動かすことです。オナニーの時に腰を動かすことで、自分の気持ちいいポイントを見つけやすくなりますよ。男性を気持ちよくすることばかりでなく、自分が気持ちよくなることを忘れないのが騎乗位が上手くなるコツです。

オナニーで気持ちいいポイントがわかったら、本番のセックスでもどこを刺激すれば自分が気持ちよくなれるかが分かります。「もっと気持ちよくなりたい」という思いがあると、自然と騎乗位が上手くなりますよ。オナニーの時に腰を動かして、自分の気持ちいいポイントを探ってみてくださいね。

(6)枕にまたがって腰を動かす

騎乗位の練習方法は、枕にまたがって腰を動かすことです。枕を男性と見立てて動いてみましょう。枕の横幅と男性の横幅はだいたい同じくらいなので、本番に応用しやすいですよ。

前後左右に動いたり、上下にピストン運動したりしてみてください。枕に膣を押し付けるイメージで動くと、騎乗位の動き方がわかってきますよ。

(7)椅子をまたがって腰を動かす

騎乗位の練習方法は、椅子をまたがって腰を動かすことです。椅子を男性と見立てて動いてみましょう。椅子は座ってまたがる姿勢が騎乗位と重なるので、トレーニングに使えるんです。

椅子に膣を押し付けるように動いてみましょう。膣がこすれる感じがしたら、上手に動けている証拠ですよ。椅子とセットで先ほど紹介したディルドを取りに入れてみると、さらに実戦に近い形で騎乗位の練習ができるようになります。ぜひ試してみてください。

騎乗位を練習して、好きな人を骨抜きにしよう

騎乗位の練習をする女性
以上、騎乗位の練習方法・動き方についてお伝えしました。

騎乗位の動き方
  1. 上下にピストンさせる
  2. 前後にグラインドさせる
  3. 前後左右にグリグリさせる
騎乗位の練習方法
  1. ディルドを使って練習する
  2. スクワットで下半身を鍛える
  3. 膣トレで締まりを鍛える
  4. セックス中に練習する
  5. オナニーの時に腰を動かす
  6. 枕にまたがって腰を動かす
  7. 椅子をまたがって腰を動かす

騎乗位は、ディルドを使って練習するのがおすすめです。実際のセックスに近い感覚でトレーニングできるので、腰の振り方が上達しやすいですよ。

Paloqueth ディルド

騎乗位の練習におすすめのディルドが、「Paloqueth ディルド」です。ちょうどいいサイズと硬さが特徴のディルドですよ。吸盤が強く、激しく動いても平気なので、騎乗位の練習に向いています。床にくっつけて騎乗位のトレーニングをしましょう。

>>>Paloqueth ディルドの販売サイトへ