やうゆイズム

読むとモテるブログ。

ヤリチンが「童貞を卒業した日の感想」と「童貞を卒業するコツ」を語る

フォローする

どうも、女の子の潮で塩分を補給しているヤリチンです。

 

先日、小学生時代からの幼なじみで童貞のDくん(25)に会ったのですが、彼と話してるうちに「だからお前は童貞なんだよ!」と思いつつも、自分が童貞だった頃を思い出す機会があったんですよね。

 

どんな汚いおっさんにも玉のように可愛い赤ちゃんの頃があったように、「あいつと目が合うと妊娠するぞ」「顔がちんこなんだよ!」と根も葉もない罵詈雑言を言われるヤリチンにも初々しい童貞の頃がありました。

 

今回は僕が童貞だった頃を振り返りながら、童貞を卒業した感想、複数の女性とセックスすると何が変わるのか、童貞を卒業するコツを語りたいと思います。

 

童貞を卒業したい人、このクソヤリチンが童貞だった頃に興味がある人はチェックしてみてください。

 

 

ヤリチンが童貞を卒業したときの話と感想

童貞を卒業した時の著者(当時17歳)

 

まずは僕が童貞卒業したときのことを話したいと思います。

 

結論から言っておくと、僕の童貞卒業の感想は「苦労」と「失望」でした。

 

今でこそ女の子とハメ放題の僕が童貞を卒業したのは高2の夏のことです。

 

小5から性欲レベル100だった僕は、初めてオナニーした小5から高2まで1日も欠かさずオナニーをしてきました。

 

当時はエロ動画が今ほど気軽に見れる環境ではなかったので、オナニーのおかずは同級生や先輩で済ませることが多く、頭の中では身の回りにいる女性は全員抱いてました。

 

しかし自分と同じクラスの男子たちは、リアルの世界で童貞を卒業し、妄想を現実としている訳で、僕は段々と「このままビリになる…」とよく分からない焦燥感を覚えていたのです。

 

そんな中で出会ったのが、初体験のお相手を務めることになる同じ高校の一個下の女子で「ガバ美ちゃん」でした。

 

同じ高校ではありますが、彼女と知り合ったのは当時は未成年の出会い系として有名だったGREEで、ガバ美ちゃんからメッセージをもらってデートをしました。

 

1回目は健全に動物園デートに終わったのですが、お互いに童貞・処女でありながら性欲が強かったので2回目のデートは漫画喫茶で致すことになったのです。

 

漫画喫茶のカップルシートは狭くて声も出せない劣悪な環境で、社会人が漫画喫茶でセックスしようものなら「どんなクズだよ」とドン引きされそうですが、高校生は物理的な理由・経済的な理由からヤる場所が少ない訳で、漫画喫茶はラブホの次くらいにヤりやすい場所でした。

 

カップルシートの固いソファにガバ美ちゃんを寝かせ、ガバ美ちゃんのマン臭にドン引きしながらもAVの見よう見まねでぎこちなく前戯を進めます。

 

そしていよいよ「いざ挿入!これで童貞卒業や!」と思ったのですが、ここで悲劇が起こります。

 

なんとチンコが入らないのです。

 

僕のギンギンになったナニは「今すぐヤらせろ!」と臨戦態勢なのですが、彼女の入り口がどこにあるのかを見つけられず、入り口付近で立ち往生してしまいました。

 

彼女がアソコを指でクパァとして「ここだよ」と招き入れるのですが、僕が致命的に下手すぎて、30分くらい漫画喫茶のカップルシートで「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤をしましたが、結局チンコがギブアップを迎えたため、僕の童貞卒業はおあずけになりました。

 

その後もカラオケや公園など色んな場所で童貞卒業を試みるのですが、なかなかうまくいきません。

 

結局僕が童貞卒業できたのはガバ美と5回目のデートです。

 

親がいない隙に僕の家に連れ込み、童貞卒業チャレンジを行いました。

 

しかし4度目の正直でようやく童貞卒業した感想は、

 

「え、もう入ってるの?」

 

でした。

 

ガバ美ちゃんのアソコは指が4本入るくらいガバガバだったので、ちんこを入れても全く気持ちよくなかったのです。

 

僕はガバ美ちゃんにちんこを入れる瞬間まで「セックスは気持ちいいものだ」「ついにこれまでの苦労が報われるんだ」と希望に満ちていましたが、ちんこを入れたその瞬間に希望は絶望へと変わります。

 

結局5突きくらいして「これならオナニーの方がいいわ…」とセックスを中断し、初体験を終えたガバ美に腕枕をしながら寝かしつけた後に、オナニーをして自分の童貞卒業に花を添えることに。

 

結局ガバ美とはその後疎遠になって関係は終わりましたが、僕の童貞卒業は想像と全く違いました。

 

思い描いていた腰を夢中で振り続けたくなる快楽、骨の髄まで精子を搾り取られそうになる感覚を得られず、ガバ美のマン臭がべっとりついた右手を見て「ただ手を臭くしただけやんけ…」とセックスに絶望しましたね。

 

当時はなんで男が夢中で女とヤりたがるのが本気で理解できず、セックスが嫌いになりそうでした。

 

しかしその後、複数の女性とのセックスを経験して「だからみんなセックスするんだな!」とセックスの気持ち良さを覚えることになるのです。

 

またガバ美ちゃんから「アソコの緩さと経験人数は関係しないこと」を身を持って教えてもらったことで、「ヤリマンはアソコが緩い」という世間の声が間違っていることに人生の早い段階から気づけたのは今でも役に立っています。

 

ヤリチンが童貞卒業後してから分かったことって?

f:id:yauyuism:20181003235914p:plain

童貞卒業してからの僕はGREE、mixi、アメブロ、前略プロフィールを駆使して女性とセックス三昧の日々を送るようになりました。

 

ガバ美ちゃんとの童貞卒業は苦い思い出でしたが、童貞卒業したおかげで、女性に対して前向きになることができた訳です。

 

ガバ美ちゃん以外の女性とセックスしてから、女性のことやセックスについての理解が少しずつ深まっていきました。

 

例えば以下のようなことです。

・初対面の人とでもセックスはできる

・女性はブラジャーを取るとおっぱいがなくなる

・女性はセックスするときに言い訳を求める

・女性にも性欲はある

・女性にも毛は生える(しかも結構濃い人もいる)

・乳首の色には個人差がある

・アソコの色にも個人差がある

・膣の形状は人それぞれ違う

・クリの大きさも人それぞれ違う

・挿入した時の感覚は人それぞれ

・締まりがいい=気持ちいいとは限らない

・背の低い女子の膣は狭い

・身長160cm以上の女性と体の相性がいい

・デブはガバガバが多い

・激しく舐められるのが好きな人もいれば、優しく舐められたい人もいる

・フェラより手コキの方が気持ちいい

・ガシマンは気持ちよくない

・AVを参考にするのは頭文字Dを参考に車を運転するもの

etc …

 

挙げればキリがないですが、色んな女性と出会うことで女性に対する固定観念がほぐれ、全てのセックスそれぞれ違うことを学びました。

 

ただこれらは実際に経験してみないと腹落ちしないと思うんですよね。

 

だからこそまだ童貞の人には卒業してほしいのですが、童貞を卒業する最大のメリットは「見える世界が広がること」です。

 

僕が童貞卒業する前は世界が2色でしか見えませんでしたが、童貞卒業することで7色見えるようになり、複数の女性とセックスしてからは72色、128色…と見える色がどんどん増えていきました。

 

見える世界が変わると、同じ物事でも複数の捉え方が変わったり、女性の苦労が分かったり、今までは意味がないと思っていたことも意味を感じられるようになりますよ。

 

次の項目で童貞を卒業するコツを伝授したいと思います。

 

ヤリチンが教える!童貞を卒業するコツって?

f:id:yauyuism:20181003232012j:plain

出会いを増やす

ネットでもリアルでもなんでもいいので、まずは出会いを増やしましょう。

 

「出会いがない」は「自分は行動力がない人間です」と自己紹介しているようなものなので、通用しません。

 

アプローチできる女性の母数を増やすことで、童貞卒業の確率は高まります。

 

個人的にはネットでの出会いをおすすめします。

 

なぜならリアルでの出会いは、同じ職場・バイト先・サークルなどの異性にアプローチをして失敗した場合、関係がこじれた時のリスクが大きいからです。

 

ネットでの出会いなら犯罪レベルでやらかさない限り、自分のコミュニティにダメージが及ぶことがないので、安心して出会いを探せますよ。

 

おすすめのマッチングアプリはこちらにまとめたので、チェックしてみてください。

 

デートをたくさんして、いっぱい恥をかこう

童貞はデートをたくさんして、恥をかきましょう。

 

ヤリチンから言わせてもらうと、童貞は「自分を守りすぎ」です。

 

恥ずかしい思いをするのが嫌だから、何も行動せずに斜に構えた態度をとることで自分を守ってるんですね。

 

でも童貞のプライドなんて実績が何もないので守る価値がないんですよ。

 

ただ傷つきたくないから自分の殻に籠ってるだけなのバレバレなんですよね。

 

僕が童貞卒業したての頃はとにかくデートを重ねて毎回恥をかいてました。

 

今でもたまにやらかしますが、当時は服がダサかったり、会計の時にお金が足りなかったり、映画のチケットを買い忘れたり、ゴムがうまくつけられなかったり…など、とにかくデートのたびに失敗して、恥をかきまくってました。

 

もちろん恥をかくのは辛いですし傷つきもしますが、相手の女性の方がもっと辛い思いしているんですよね。

 

自分がやらかした時の女性の呆れ顔・絶望してる顔・苦笑いした顔を見るたびに「もう同じ失敗はしないぞ」と反省してきたからこそ、今の自分があると思っています。

 

デートでやらかしたくらいじゃ、仕事をクビになったり命をとられたりするリスクはないので、恥をかくためにデートをしましょう。

 

清潔感を大事にする

女性が男に求めるものは「優しさ」「面白さ」「経済力」など色々ありますしどれも大事ですが、一番大事なのは「清潔感」です。

 

清潔感がなければ、女性は男を男として…いや人間として見ません。

 

童貞はまず自分の清潔感が足りてないこと、女性から人間として見られていないことを自覚しましょう。

 

制汗剤を使う、ヒゲをそる、美容院で髪を切るなどやるべきことはたくさんあります。

 

男の清潔感についてはこちらの記事に詳しく載っているので、チェックしてみてください。

 

「かっこいい」より「一緒にいて恥ずかしくない」を追求する

童貞卒業するには垢抜けてルックスのレベルアップが不可欠な訳ですが、男がかっこよくなろうとすると自分のダサいセンスで服を選ぶので、結果さらにダサくなりがちなんですよね。

 

そのため男が垢抜けるには「かっこいい」より「一緒にいて恥ずかしくない」を目指すのが大事です。

 

「かっこいい」は自己満足のオナニーで終わるのに対して「一緒にいて恥ずかしくない」は女性目線に立っていますから終わりがないですし、ルックスのレベルアップに繋がりやすいんですよね。

 

男が今よりかっこよくなる方法はこちらの記事にまとめてあるので、ぜひチェックしてみてください。 

童貞を卒業すると見える世界が変わる

男が童貞を卒業すると見える世界が明らかに変わります。

 

たとえ綺麗な形で童貞卒業できなくても構いません。

 

大事なのは童貞卒業する過程で得られる経験と、童貞卒業した後に得られる視点ですからね。

 

楽して童貞卒業する方法はありませんが、正しい方向で適切な量の努力を行えば必ず童貞を卒業することはできます。

 

まだ童貞という人は、今回紹介した僕の記事を読んで童貞卒業チャレンジをしてみてください。