やうゆイズム

読むとモテるブログ。

初めてでも大丈夫!「美容院デビュー」の作法【美容院は怖い場所じゃない】

フォローする

男性が垢抜けてモテるには、美容院に行くのがてっとり早い訳ですが、初めての美容院って怖いし緊張しますよね。

 

「俺みたいなブサイクが美容院に行っていいのか?」

「こんなダサい奴が美容院なんて…と鼻で笑われそう」

「雑誌の切り抜きとか持っていったら「この顔で?」とか思われそう」

 

自分が初めて美容院に行った時は、こんなネガティブなことばかり考えていて、顔を理由に出禁を喰らうんじゃないか…と本気で怯えていました。

 

ですが1度美容院に行ってみて分かったのは「美容院はそんな怖い場所ではない」ということ。

美容院で髪の毛を切ってから、いい感じに垢抜けてモテるようになり「やっぱ美容院ってすごい!」と思った訳です。

 

そこで今回は、「垢抜けたい!モテたい!でも美容院は怖い!」という男性に向けて「美容院デビュー」の作法を作りました!

 

初めての美容院における流れを「予約する前からカットの終わり」までまとめたので、この記事を読めば美容院デビューに対する不安がなくなります!

 

また実際に、美容師の女性にインタビューを敢行し「雑誌の切り抜きや画像は見せてもいいの?」「ブサイクでも美容院行っていいの?」など、初めての美容院に関するキワどい質問をぶつけてきました。

 

「美容院に行く流れはすでに理解している」という方は、インタビューだけでも見てみてください!

 

 

そもそも美容院ってなに?床屋との違いは?

美容院と床屋は「髪を切る仕事」という括りでは同じですが、理容師法と美容師法という「法律」によって業務の目的が異なります。

 

理容:頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2第2項)

 

美容:パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条第2項) 

引用:理美容師 - Wikipedia

 

このことから床屋は「容姿を整えるための場所」であり、美容院は「容姿を美しくするための場所」という違いが分かりますね。

 

もし垢抜けたいと思うのなら、床屋ではなく美容院に行きましょう。

 

最近は「美容院は行きづらいわ…」という人のために美容院の要素を取り入れたオシャレな床屋もありますが、そういうところで妥協してるうちはいつまで経ってもモテません。

 

モテない男子が抱きがちな「美容院のようなオシャレな場所への苦手意識」を克服することがモテるための第一歩なのです。

 

現役美容師にインタビューしてきた!

とはいえ「美容院=怖い場所」という認識を克服しないと行きづらいですよね。

 

そこで今回は現役美容師のるみさん(仮名)に初めて美容院に行くための質問をしてきました。

 

普段なかなか聞けないようなことを聞いてきたので、ぜひチェックしてみてください。

f:id:yauyuism:20180813134218j:plain

 

今日は初めて美容院に行く男性たちが聞きたいことを質問させてください。よろしくお願いします

よろしくお願いします

そもそもブサイクが美容院に行っていいの?

さっそくですが単刀直入に聞かせていただきます。そもそもブサイクが美容院に行ってもいいんですか?塩撒いたりとかしません?

むしろ積極的に行くべきです。塩なんて撒きません

力強い回答ありがとうございます。全ブサイクが救われましたよ

私たち美容師は「可愛くなりたい」「かっこよくなりたい」と思う人の手助けをする仕事なので、ブサイクとか全く気にしなくていいです

そう言ってもらえると安心ですね、とはいえ初めての美容院ってすごく緊張するんですよ…。自分も美容院デビューした時は奥歯がガタガタ震えて失禁しかけましたもん

お客様が緊張してるのはこちらにも伝わりますよ、でもちょっとの勇気で未来は変わります!私たちは緊張してるお客様にも「来てよかった」と思ってもらえるようなサービスをするので大丈夫です。かっこよくなりたいなら美容院に来てください

美容師の鑑ですね…!僕もるみさんに切られたい

そうそう、初めての美容院はなるべく有名な美容室を予約したり、有名な美容師に切ってもらったりするのがオススメですよ

それはなんでですか?

実力のある美容師に切ってもらうと一気に垢抜けるからです。一度髪型の大切さを知ると自然と身だしなみに対する意識が上がりますよ

確かに自分が初めて美容院に行った時は「今までの床屋はなんだったんだ…」と衝撃を受けた覚えがあるなぁ

ヘアスタイルを決める時に画像を見せてもいいの?

ヘアスタイルを決める時、ブサイクでも雑誌の切り抜きやネットから拾った画像を見せてもいいんですか?ぶっちゃけ「顔は無理だよ?」とか思わないんですか?内心バカにされてそうで怖いです

怖がらなくて大丈夫ですよ。むしろ見せてくれた方が助かります。やっぱり画像があった方が「どんな風になりたいか」のイメージの共有がしやすいんですよね

そうなんですね、イメージの共有ってそんなに大切なんですか?

めっちゃ大切ですよ。髪型は一度切ったら戻せないものなので事前に同じイメージを共有したいです。画像があれば見せてもらったヘアスタイルを元にその人に合ったアドバイスができるのでありがたいです

なるほどなぁ…!ちなみに画像を見てアドバイスをする際、どこに注目するんですか?

頭の形や髪質ですね。頭の形が似合う髪型を決めますし、髪質によってできる髪型・できない髪型がありますから

じゃあもしお客さんが似合わなそうな髪型やできない髪型を提案してきたら、どんな対応をするんですか?

その時は正直にお伝えしますよ!ただその際は必ず「こんな髪型が似合いますよ」と代案を提示するようにしています

それはありがたいですね、美容師目線のアドバイスは参考になります…

ヘアスタイルを決める時に「おまかせ」と言うお客さんについてどう思う?

先ほど「画像を見せてくれた方が助かる」と言っていましたが「おまかせで」と注文されるのはどう思いますか?やっぱブサイクだと「この顔じゃおまかせどころかお手上げだよ!」とか思ったりしますか?

「お手上げだよ」は思いません(笑)おまかせならおまかせでいいですが、その場合はどんな髪型になっても自己責任と思ってほしいです

イメージの共有ができていないからですか?

そうですね。特に初めて美容院に来てくれたお客様は掴めていないので、細かくイメージの共有はしたいです。私の場合、初めてのお客様には「おまかせで」と言われても最低限の事は聞いてイメージの共有を心がけています

そういう時ってどんな質問をするんですか?

例えば「仕事でダメな髪型はないか」「普段スタイリングするのか」「髪の悩みはありませんか?」などですね。でも実際「おまかせで!」と言う人ほど意外とこだわりが強いので、全然おまかせしてくれないんですよ笑

それは意外ですね!「おまかせ」と言う人は自分のこだわりを言語化できてないだけだから、色んなこだわりがあるのかなぁ

「ブサイクは店の奥に隔離する」ってホント?

ブサイクが店に来たら店の奥に入れるって本当ですか?昔「美容師だけど質問ある?」という記事に「ブサイクは店の奥に隔離する」と書いてあったんですよね。

それどんなデマですか!さっきから美容師のイメージ悪すぎません?(笑)

すいません、美容師の皆さんが美にストイックなのは知っているんですが、美容院に行ったことない人からすると美容師は怖い人の集まりなんですよ!

全然怖くないんだけどな…。店の奥に隔離なんてしませんよ。パッとしない人を垢抜けさせるのが美容師の仕事なので、髪を切ってスタイリングをしてみると「この人ちゃんとすればかっこいいじゃん!」と思うことは多いですね

 

現役美容師へのインタビューのまとめ

・容姿に自信のない人ほど美容院に行くべき

・美容師は「かっこよくなりたい人」の手助けをするのが仕事

・ヘアスタイルを決める時は画像を見せてくれた方がありがたい

 

美容院は全く怖い場所じゃありませんので、安心して行きましょう!

 

はじめての美容院:予約からカットまでの流れって?

ここからいよいよ「初めての美容院」における流れを紹介していきます。

予約前の段階から順番に説明していくので、ここで紹介した通りに進めていけば問題なく美容院デビューできますよ。

 

ホットペッパーで美容院を探す

まずは美容院を決めます。

ホットペッパービューティーであなたが美容院デビューするのにふさわしいお店を見つけましょう!

 

僕がおすすめする調べ方は以下の通りです。

f:id:yauyuism:20180813123010p:plain

・エリアは繁華街で指定

→人が多いエリアは競争が激しいので、美容師の腕がいい

・メンズに対応しているお店を選ぶ

→女性客の多いお店は緊張度が100割増しする

・料金は気にしなくていい

→どの美容院も初回特典をやっているので安い

・こだわり条件に「4席以下の小型サロン」を追加する

→デビュー戦は規模が小さいお店の方がいい、大きいお店は雰囲気に圧倒される

・こだわり条件に「1人のスタイリストが仕上げまで担当」を追加する

→シャンプーやカットのたびにスタイリストがコロコロ変わると落ち着かないため

 

初回はなるべく同年代が通ってそうなオシャレな美容院を選びましょう!

美容師はトレンドをチェックしている人が多いですが、普段相手にしているお客さんに影響を受けるので、おじさんばかりのお店だとかっこいい髪型になりづらいためです。

 

ただLI○SやOCE○N TOKYOのような大規模な美容院は人が多く、雰囲気に圧倒されるので、美容院デビューしたての男は借りてきた猫のように縮こまった挙句、「美容院はやっぱり怖い場所なんだ…うわああああああああ(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)」と悲惨な目に遭う可能性が高いんですよね…。

 

そのため僕は初めての美容院選びは「繁華街+若者が通っている+規模が小さいサロン」をおすすめします。

規模が小さいサロンの方が丁寧にカウンセリングしてくれますし、落ち着いた雰囲気なので、緊張せずに済むからです。

 

予約をしてみよう

ホットペッパービューティーで良さげな美容院を見つけたらサイトで予約しましょう!

電話する必要がないのは緊張しなくていいので、ありがたいですよね。

 

予約の日時を変更する場合もサイトで手続きできます。

ただ当日のキャンセルは電話しないとダメなケースがほとんどなので、その際は美容院に電話をかけてください。

 

予約日当日、いよいよ美容院デビュー!

いよいよ美容院デビューの日がやってきました。

 

服装はいつもの感じで大丈夫です、ただパーカーやタートルネックなどは髪の毛がくっつくので、首回りが空いた服装の方がいいでしょう。

 

美容院は5分前に到着しておくと安心です。

もし遅れそうな場合は電話で連絡しましょうね。

 

初めての美容院:来店からの流れ

美容院に着いたあなたは緊張で心臓がバクバクのはず…!

しかしこれから紹介する流れを予習しておければ緊張しなくて済むはずですよ。

 

受付で名前を伝える

美容院に入ったら、受付で「〇時から予約している〇〇です」と伝えましょう。

「お待ちしておりました」と言われ、荷物を預けたら席に案内されます。

 

カルテへの記入

席についたらカルテの記入をお願いされます。

ここで名前や連絡先といった個人情報から髪の悩みを記入します。

 

お店によっては「美容師との会話はどれくらいがいい?」といった項目があるので、人見知りするタイプでも安心ですね。

 

ヘアスタイルの相談

カルテを記入したところで、いよいよあなたの美容院デビューを飾る美容師さんの登場です。

 

「こんな髪型にしたい」「襟足は短く」「ハチ回りが気になる」など、したい髪型や髪の悩みについて相談しましょう。

 

美容師さんにリクエストしたい髪型があるときは、事前に画像を用意して見せたほうがいいです。

なぜならインタビューで美容師さんが言ったように、口頭で伝えるより画像を見せたほうが「この人はどんな髪型にしたいのか」というイメージが共有しやすいからです。

 

もしリクエストしたい髪型がない時は「今っぽい感じで」とアバウトな注文をしましょう。

ただなるべくリクエストしたほうが美容師さんも力を発揮しやすいはずですよ。

 

シャンプー

まずはシャンプーをして髪の状態をリセットします。

美容師さんのシャンプーってなんであんなに気持ちいいんでしょうか。

 

この時、顔に白い布をかけられますが「俺を死人扱いするのか!」とブチギレないでくださいね。

 

カット

いよいよカット開始です。

 

美容師さんがちょいちょい話かけてくると思いますが、適当に合わせておけば大丈夫です。

 

よく「美容師と話すのが辛い」という人がいますが、髪の悩みやセットについて聞くと有益な情報をたくさん教えてくれるので、結構おすすめですよ。

 

もし話したくない時は目をつぶっておけば大丈夫です。

 

シャンプー

カットが終わったら、またシャンプーです。

美容師さんのフィンガーテクに酔いしれましょう。

 

セット

ドライヤーで髪の毛を乾かしてセットをします。

 

「今日はワックスつけても大丈夫ですか?」と聞かれるので「お願いします」と答えましょう。

 

この時にセットのやり方を教えてもらうことで、次の日からもスタイリングを再現できるようになるからです。

 

いくら美容師の腕が良くても、セットする自分の腕が悪ければ宝の持ち腐れなので、セットの勉強をしましょうね。

 

今まで10種類以上のワックスを試してきましたが、おすすめのワックスは「トリエ エマルジョン8」です。

ポンプ式のワックスなのでムラなくセットできますし、使いやすいです。

ルベル トリエ エマルジョン8 120ml

ルベル トリエ エマルジョン8 120ml

 

 

会計

かっこよくなったところでお会計です。

 

お店によってはお会計のタイミングで次回予約について聞かれることもあるでしょう。

 

美容院は怖い場所じゃない!ブサイクほど美容院に行くべき!

初めての美容院って緊張するものですが、美容院は怖い場所ではないのがお分かりいただけたでしょうか?

 

美容師さんは「お客さんをかっこよくしたい」という信念を持って働いているので、ブサイクでダサくてどうしようもない人ほど美容院に行ったほうがいいです。

 

モテるために必要なのは小さな勇気です。 

今すぐホットペッパービューティーで美容院を予約して、垢抜けてきてください!