バイブが気持ちよくない理由と対処法!気持ちよくなる方法を解説

この記事では、バイブが気持ちよくない理由と対処法を解説します。
 

バイブが気持ちよくない理由

  1. 性感帯が開発されていない
  2. 性感帯に当たっていない
  3. 濡れていない
  4. 刺激が強すぎる
バイブで気持ちよくなる方法

  1. 膣トレでアソコを開発する
  2. クリトリス・乳首を開発する
  3. ローションを使う
  4. 姿勢を変えて性感帯を刺激しやすくする

 
バイブが気持ちよくないのは、性感帯に対する理解が足りないことが原因です。バイブはただ使えばいいアイテムではありません。自分がどこをどう刺激すればいいか分からないから、気持ちよくなれないんですよね。
 
バイブで気持ちよくなるには、性感帯の開発が必要です。性感帯の開発によって、自分の気持ちいい場所・力加減が分かるようになります。自分の体を理解するたびに、バイブの気持ち良さが高まっていきますよ。
 
これまで、200人以上の女性の性感帯を開発してきた経験から語っていきます。バイブが気持ちよくないことで悩んでいる女性は、ぜひ最後までお付き合いください。
 

バイブが気持ちよくない4つの理由

バイブが気持ちよくない理由は、以下の4つです。
 

バイブが気持ちよくない理由

  1. 性感帯が開発されていない
  2. 性感帯に当たっていない
  3. 濡れていない
  4. 刺激が強すぎる

 
あなたに心当たりのある項目はありましたか?1つずつ説明していくので、自分に当てはまりそうな理由だけ読み進めてください。
 

(1)性感帯が開発されていない

バイブが気持ちよくない理由1つ目は、性感帯が開発されていないことです。性感帯が開発されていないと、バイブを挿入しても体が受け入れてくれません。 「異物が入っている」という違和感でいっぱいになるんですよね。
 
アソコにはクリトリス・Gスポット・ボルチオという性感帯があります。
クリトリス・Gスポット・ボルチオ
引用:LCラブコスメ 
 

アソコの性感帯

  1. クリトリス:入り口上部にある突起部分
  2. Gスポット:指を入れて手前の膣壁
  3. ボルチオ:子宮が少し飛び出ている部分

 
上記3つの性感帯が開発されていないと、「気持ちいい」とはどんな状態なのかを理解できません。バイブによってクリトリスやボルチオといった敏感な部位に当たっても「くすぐったい」「気持ち悪い」といった感覚になって、体が拒否反応を起こします。
 
経験人数の少ない人、オナニーをしてこなかった人は性感帯が開発されていない場合が多いです。バイブが気持ちよくない場合は、今までのセックス体験を振り返って、性感帯が開発されているか振り返ってみましょう。
 

(2)性感帯に当たっていない

バイブが性感帯に当たっていない女性
バイブが気持ちよくない理由2つ目は、性感帯に当たっていないことです。 バイブが性感帯に当たっていないと、気持ちよくなれません。アソコの中で敏感な部位は決まっているからです。
 
バイブで気持ちよくなるには、クリトリス・Gスポット・ボルチオの3つを上手く刺激する必要があります。やみくもにバイブを中に入れてるだけでは気持ちよくなれません。自分の性感帯がどこにあるかを把握しておく必要がありますよ。
 

(3)濡れていない

アソコが濡れていない女性
バイブが気持ちよくない理由3つ目は、濡れていないことです。アソコが濡れていないと摩擦が発生するので、痛くなります。アソコはデリケートな部位なので、下準備が大事ですよ。
 
アソコが濡れていないのは、粘膜が露出した状態です。バイブを挿入した時の摩擦や振動によって、アソコが傷つく可能性があります。事前によく濡らすと、アソコに愛液によるバリアができて、摩擦が発生しなくなりますよ。
 
バイブを使って痛みがある時は、アソコの濡れ具合をチェックしましょう。濡れていないと、摩擦によって痛みが発生するため、気持ちよくなれませんよ。 

(4)刺激が強すぎる

バイブの刺激が強すぎて手で股間を抑える女性
バイブが気持ちよくない理由4つ目は、刺激が強すぎることです。 バイブの設定が自分に合わないと、体がびっくりするので気持ちよくなれません。自分に合ったバイブの設定を探すといいですよ。
 
バイブは商品によって異なりますが、強さや動き方を段階ごとに設定できます。気持ちよくなるために、とにかく強い設定を試そうとするバイブ初心者は多いです。しかし、まずは体を鳴らすためにも弱い刺激から試すことをおすすめします。
 
バイブが気持ちよくない時は、刺激が強すぎる可能性があります。刺激が強すぎると、体が慣れてないので気持ちよくなれません。バイブの設定を見直して、自分に合った強さにしましょう。
 

バイブで気持ちよくなる4つの方法

バイブで気持ちよくなる女性
バイブで気持ちよくなる方法は、以下の4つです。

バイブで気持ちよくなる方法

  1. 膣トレでアソコを開発する
  2. クリトリス・乳首を開発する
  3. ローションを使う
  4. 姿勢を変えて性感帯を刺激しやすくする

 
上記の中で1番おすすめなのは膣トレです。膣トレによってアソコの性感帯を開発すると、バイブでイキやすくなりますよ。効果が高いものから順番に説明していきますね。
 

(1)膣トレでアソコを開発する

膣トレで性感帯を開発する女性
バイブで気持ちよくなる方法1つ目は、膣トレでアソコを開発することです!膣トレをすると、性感帯を開発できますよ。バイブの気持ち良さが分かります。
 
でも膣トレって、どうやればいいか分からないですよね。そこでおすすめするのが、バイブ初心者でも簡単に膣トレを始められる膣トレグッズです。
 
バイブで気持ちよくなるための膣トレグッズ
 
LC インナーボール」は1日10分の膣トレーニングによって性感帯を開発できるグッズです。短期間で性感帯を開発できますよ。
 
実際にインナーボールを使った女性の口コミ・評判は以下の通りです。
 

 
LC インナーボール」を使えば、簡単に性感帯を開発できます。バイブで気持ちよくなれるだけでなく、アソコの締まりが良くなる効果もありますよ。膣トレで性感帯を開発して、たくさん気持ちよくなりましょう。
 
>>>膣トレをして、性感帯を開発する
 

(2)クリトリス・乳首を開発する

乳首の性感帯を開発する女性
バイブで気持ちよくなりたいなら、クリトリス・乳首を開発するのもおすすめです。性感帯でも膣の内部にあるGスポット・ボルチオは、場所が分かりづらく開発が難しいためです。まずはクリトリスや乳首といった刺激しやすい部位を開発するといいですよ。
 
クリトリスや乳首は、部位が小さいのでピンポイントで刺激できる小型バイブを使うといいですよ。クリトリス・乳首の開発におすすめなのが「さくらの恋猫」です!
 
さくらの恋猫のリンクバナー
 
さくらの恋猫は手のひらサイズのローターなので、自分の気持ちいいところを自由に刺激できます。実際にセフレに使ってもらったところ、「すぐクリイキできて気持ちよかった」と言ってたので、おすすめですよ。
 
>>>小型バイブでクリトリス・乳首を開発する
 

(3)ローションを使う

ローションを使う画像
バイブで気持ちよくなる方法3つ目は、ローションを使うことです。ローションを使うと、滑りが良くなるので、アソコへの負荷が減ります。アソコが濡れづらい人でも、ローションを使えば自然と濡れてきますよ。
 
バイブで気持ちよくなりたい女性におすすめのローションが「リュイールホット」です。リュイールホットは、濡れやすくなるだけではありません。媚薬成分入りのハーブ配合なので、感度が上がりますよ。
 
リュイールホットを使った女性の評判・口コミがこちらです。


 
バイブで気持ちよくなりたいなら、リュイールホットを使うのがおすすめです。濡れるだけでなく、感度を上げてくれます。バイブを使ったオナニーが気持ちよくなりますよ。
 
>>>リュイールホットを使ってオナニーする

 

(4)姿勢を変えて性感帯を刺激しやすくする

姿勢を変えてバイブを使う女性
バイブで気持ちよくなる方法4つ目は、姿勢を変えて性感帯を刺激しやすくすることです。姿勢を変えるだけで、性感帯に当たりやすくなります。バイブの気持ち良さが高まりますよ。
 
クッションを使って、腰の角度を調節するといいですよ。ほんの少し角度が変わるだけで、気持ち良さが大きく変わることもあります。自分に合った角度を見つけて、バイブで気持ちよくなりましょう!
 

まとめ:バイブが気持ちよくない時は、性感帯を開発しよう!

バイブで気持ちいいオナニーをする女性
以上、バイブが気持ちよくない原因と対処法を説明しました。

バイブが気持ちよくない理由

  1. 性感帯が開発されていない
  2. 性感帯に当たっていない
  3. 濡れていない
  4. 刺激が強すぎる
バイブで気持ちよくなる方法

  1. 膣トレでアソコを開発する
  2. クリトリス・乳首を開発する
  3. ローションを使う
  4. 姿勢を変えて性感帯を刺激しやすくする

 
バイブで気持ちよくなりたいなら、膣トレがおすすめですよ。膣トレによってアソコの性感帯を開発すると、バイブでイキやすくなるからです。1日10分のトレーニングでアソコの感度を高められます。バイブだけでなく、セックスでも気持ちよくなれるので、ぜひ試してみてください。
 
>>>膣トレをして、性感帯を開発する