ちならの原因と対処法!マン屁を防止する対策を紹介

この記事では、ちならの原因と防止策についてお伝えします。

ちならの原因

  1. アソコがゆるいから
  2. 体の相性が悪いから
  3. 産後で骨盤がゆがんでいるから
  4. 膣がよく濡れているから
  5. 膣に空気が入りやすい体位をしているから
  6. 激しいセックスをしているから

ちならを防止する対策

  1. 膣トレをする
  2. 男性にゆっくり動いてもらう
  3. 膣に空気が入りやすい体位を避ける
  4. ヨガをする

「ちなら」とは、膣からおならのような音が出ることを言います。セックス中に膣の中にあった空気が外に漏れることが原因です。ちならはアソコがゆるかったり、パートナーと体の相性が悪かったりすると出やすくなります。

セックス中に出ると恥ずかしい「ちなら」を防止するには、膣トレをするのが効果的です。アソコの締まりが良くなれば、マンコから空気が外に出る現象が減るので、おならのような音は出なくなりますよ。膣トレグッズのLCインナーボールを使った膣トレなら、1日10分のトレーニングでアソコの締まりを良くできるので、ぜひチェックしてみてください。

>>>膣トレでちならを防止する

ちならの原因と防止策について、詳しく解説していきます。ぜひ最後までお付き合いください。

ちならとは?

ちならの意味とはなにか調べる女性

ちならとは、膣からおならのような音が出ることを言います。セックスで腰を振っている時・マンコに入ってたチンコを抜いた時・手マンをした時など鳴りやすいです。「ブー」「ブブブ」「ブリッ」など、おならのような音は出ますが、おならとは違うので匂いはしません。

おならのような膣音が出ることから「膣ナラ」「膣屁」「マン屁」「まんぺ」と呼ばれることもあります。ちなみに、医学的な専門用語では「膣排気音」「クイーフ現象」と言いますよ。

ちならは誰にでも起こることで、珍しいことではありません。本来なら気にする必要はないものですが、エッチ中に鳴ってしまうのは恥ずかしい気持ちになるものです。

ちならの原因

ちならの原因を説明する女性

ちならの原因は、以下の通りです。

ちならの原因

  1. アソコがゆるいから
  2. 体の相性が悪いから
  3. 産後で骨盤がゆがんでいるから
  4. 膣がよく濡れているから
  5. 膣に空気が入りやすい体位をしているから
  6. 激しいセックスをしているから

上記に当てはまると、ちならは起こりやすくなります。特にアソコの締まりがゆるくなると、膣から空気が漏れやすくなるので、膣音リスクは高まります。詳しく解説していきますね。

(1)アソコがゆるいから

マンコがゆるい女性

ちならが起きるのは、女性のアソコがゆるいからです。マンコの締まりが弱いと、膣の中から空気が漏れやすくなるため、ちならが起こりやすくなります。「ぷっ」「ぷっ」と音が出ますよ。

アソコの締まりがゆるいと、チンコを挿入する時に「ぷっ」と鳴りますし、チンコを抜いた時にも「ぷっ」と鳴るので、気になります。膣から空気が出る音が聞こえると、「やっぱりこの子のアソコはゆるいんだな…」と思いますね。

(2)体の相性が悪いから

体の相性が悪いカップル

ちならが起きるのは、体の相性が悪いからです。体の相性が悪いと、チンコとマンコが上手くフィットしないので、膣の空気が入りやすくなります。その結果、ちならが起きるのです。

体の相性が合わないのは、性器のサイズが違うケースが多いです。マンコのサイズに対して、チンコが大きすぎたり小さすぎたりすると体の相性は合いません。その結果、ちならが起きやすくなります。

(3)産後で骨盤がゆがんでいるから

出産後で骨盤がゆがんでいる女性のイメージ

ちならが起きるのは、産後で骨盤がゆがんでいるからです。産後で骨盤がゆがんでいると、マンコの締まりが悪くなります。その結果、ちならが起きやすくなるのです。

女性の体は出産に耐えるために、骨盤や膣は広がります。そして、産後にだんだん開いた骨盤・膣は閉じられていくのですが、このタイミングで無理をしたり姿勢が悪かったりすると、骨盤や膣がうまく閉じずに、ゆがんだ状態になってしまうのです。

(4)膣がよく濡れているから

膣が良く濡れている女性

ちならが起きるのは、膣がよく濡れているからです。アソコが濡れていると、チンコの滑りが良くなるので、ピストン運動の際に空気が入りやすくなるんです。

また女性のマンコが濡れていると、男性の快感も高まるので、動きが大きくなりやすいです。動きが大きくなればなるほど膣内に空気が入るので、ちならは起きやすくなります。

(5)膣に空気が入りやすい体位をしているから

膣に空気が入りやすい体位でセックスする女性

ちならが起きるのは、膣に空気が入りやすい体位でセックスしているからです。チンコを挿入した角度によって、膣内に入る空気の量は変わりますよ。

特にバックや寝バックは、チンコの角度が斜めになるので空気が入りやすい体位です。正常位も足を大きく開いたことで、膣内のスペースが広がるので空気が入りやすいですよ。逆にマンコが下向きになる騎乗位は空気が入りにくいのでちならが出にくい体位ですね。

(6)激しいセックスをしているから

激しいセックスをしている男女

ちならが起きるのは、激しいセックスをしているからです。パートナーのセックスが激しいと、動きが大きくなる分だけ空気が入りやすくなります。その結果、ちならが起きやすくなるのです。

パートナーのピストン運動が早ければ早いほど、大きければ大きいほどに膣内に空気は入りやすくなります。その結果、チンコを抜いた瞬間に「ぷぅ」と音が鳴るのです。パートナーにたくさん求められるのは嬉しいことですが、ちならは鳴りやすくなります。

ちならを防止する対策

ちならを防止する対策を説明する女性

ちならを防止する対策は、以下の通りです。

ちならを防止する対策

  1. 膣トレをする
  2. 男性にゆっくり動いてもらう
  3. 膣に空気が入りやすい体位を避ける
  4. ヨガをする

ちならを防ぐには、膣トレでアソコの締まりを良くするのが1番おすすめです。マンコの締まりが良くなれば、膣内に入る空気の量を抑えられるので、ちならは出にくくなります。膣トレグッズのLCインナーボールを使った膣トレなら、1日10分のトレーニングでアソコの締まりを良くできますよ。

(1)膣トレをする

インナーボールで膣トレをする女性

ちならを防止する対策1つ目は、膣トレをすることです。アソコの締まりを良くすると、空気が漏れにくくなるので、ちならを防止できますよ。

おすすめの膣トレが「LCインナーボール」を使ったトレーニングです。1日10分のトレーニングで締まりを良くできます。お手軽かつ確実に、マンコを鍛えられますよ。

インナーボールのリンクバナー

実際、インナーボールでの膣トレについて以下のような口コミがありました。

このように、「LC インナーボール」の効果を感じた女性はたくさんいます。アソコの締まりが良くなれば、ちならを防止できるだけでなく、好きな男性を夢中にさせられますよ。彼が「なんて気持ちいいんだ」と一晩中あなたを求めてくること間違いなしです。

>>>「LC インナーボール」でちならを防止する

(2)男性にゆっくり動いてもらう

男性にゆっくり動くようお願いする女性

ちならを防ぐ対策2つ目は、男性にゆっくり動いてもらうことです。ゆっくり動いてもらうと、膣内に入る空気を減らせるので、ちならを防止できますよ。

セックスの時、相手の男性に「ゆっくり動いて」とリクエストしてみてください。激しいセックスも気持ちいいですが、スローセックスも悪くないですよ。スローセックスを極めれば、ちならが出ることはなくなります。

(3)膣に空気が入りやすい体位を避ける

膣に空気が入りづらい体位でセックスする女性

ちならを防ぐ対策3つ目は、膣に空気が入りやすい体位を避けることです。膣に入る空気の量を抑えることができれば、ちならは鳴らなくなります。

膣に空気が入りづらい体位は、騎乗位です。チンコが真っ直ぐ挿入できること・マンコが下向きになることから、空気が入りづらくなります。逆に正常位やバックは膣内に空気が入るので、ちならが出やすい体位と言えますね。

(4)ヨガをする

ヨガをする女性

ちならを防ぐ対策4つ目は、ヨガをすることです。ヨガをすると、マンコの締まりに関わる骨盤底筋を鍛えることができますよ。骨盤底筋は呼吸と連動して動くので、ヨガのように「吸う・吐く」の呼吸を繰り返すのが特徴のエクササイズとは相性が良いんです。

上記の動画を参考に、毎日10分のヨガエクササイズをしてみましょう。マンコの締まりが良くなって、ちならが出なくなりますよ。LCインナーボールを使った膣トレと組み合わせれば、効果はさらに高まります。

ちならへの男性の本音

ちならへの男性の本音を男性721人にアンケートした結果が以下の通りです。

ちならへの男性の本音をアンケートした結果のグラフ

上記のように、女性のちならに対して「おならかと思った」と誤解する男性は多いです。ただし「引いてしまった」という男性はごく少数で「気にしない」「恥ずかしがってる様子が可愛い」という意見のほうが集まりました。

また女性のちならに対して、以下のような口コミもありました。

上記のように、ちならに対して「興奮する」と考える男性もいます。女性にとっては恥ずかしいと感じることですが、恥ずかしいことほど興奮するのが男心なのです。パートナーが自分のちならに興奮してくれるのであれば、気にする必要はないですよ。

まとめ:ちならを防止するには、膣トレが効果的!

ちならを防止するために膣トレをする女性

以上、ちならの原因と防止する対策についてお伝えしました。

ちならの原因

  1. アソコがゆるいから
  2. 体の相性が悪いから
  3. 産後で骨盤がゆがんでいるから
  4. 膣がよく濡れているから
  5. 膣に空気が入りやすい体位をしているから
  6. 激しいセックスをしているから

ちならを防止する対策

  1. 膣トレをする
  2. 男性にゆっくり動いてもらう
  3. 膣に空気が入りやすい体位を避ける
  4. ヨガをする

ちならが起きるのは、アソコがゆるいからです。アソコがゆるいと、膣内に空気が入りやすくなるので、ちならは出やすくなります。

ちならを防止するには、膣トレをするのが効果的です。アソコの締まりが良くなれば、マンコから空気が外に出る現象が減るので、おならのような音は出なくなりますよ。膣トレグッズのLCインナーボールを使った膣トレなら、1日10分のトレーニングでアソコの締まりを良くできるので、ぜひチェックしてみてください。

>>>膣トレでちならを防止する

とはいえ、ちならに対して肯定的な考えを持つ男性も多いです。興奮する男性もいるので、プレイの一環という風にポジティブに考えるのもアリですよ。性が思っているほど、ちならは悪いものではないです。どうしても気になる場合は、膣トレやヨガでアソコの締まりをすることで、対処しましょう。