乳首開発の方法・やり方!男女向けに乳首で感じるコツを解説

この記事では、これまで300人以上の乳首を調教してきた著者が、乳首開発の方法・やり方について解説します。

乳首開発とは?
乳首を性感帯として開発していくこと。
乳首開発のメリット
  1. 乳首イキできる
  2. 幸せな気持ちになる
  3. 美肌になる
  4. 簡単に行える
乳首開発のデメリット
  1. 乳首が大きくなる
  2. 乳首が黒ずむ
  3. 少しの刺激で感じてしまう
  4. 乳首がとれる
乳首の感度を上げるために開発すべき部位
  1. スペンス乳腺
  2. マイスネル小体
  3. パチニ小体
乳首開発の方法・やり方
  • ステップ1:服の上から刺激する
  • ステップ2:乳首を直に刺激する
  • ステップ3:クリトリスと同時に刺激する
  • ステップ4:小型バイブ・ローターで刺激する
  • ステップ5:スポールバンを貼って刺激する
  • ステップ6:メンソレータムで刺激する
  • ステップ7:ニップルクリップで刺激する
  • ステップ8:食器用スポンジで刺激する
  • ステップ9:輪ゴムで縛る
乳首開発のコツ
  1. 目を閉じて妄想する
  2. リラックスする
  3. 映画やAVを見る
  4. 痛くなるまで刺激しない

乳首を開発するには、服の上から刺激することからスタートして、段々と刺激を強くしていくのが大切ですよ。刺激に体を鳴らしていくことの繰り返しで乳首は敏感に感じやすくなっていきます。乳首を開発したい男女は、ぜひ最後までお付き合いください。

乳首開発とは?

乳首開発をする女性

乳首開発とは、乳首を感じやすくすることです。乳首を敏感にしていき、快楽を感じられるように性感帯として開発していきます。乳首は性別問わず開発できるので、セックスやオナニーでもっと気持ちよくなりたい男女におすすめです。

乳首の感度が良くなると、自分だけでなくパートナーにも喜ばれます。乳首を責めるたびに良いリアクションしてくれる姿を見て、より興奮できるからです。乳首責めした時に反応が良いほうが調教しがいがありますからね。乳首で気持ちよくなりたい人は、乳首開発をするのがおすすめですよ。

乳首開発のメリット

乳首開発のメリットを説明する女性

乳首開発のメリットは、以下の通りです。

乳首開発のメリット
  1. 乳首イキできる
  2. 幸せな気持ちになる
  3. 美肌になる
  4. 簡単に行える

乳首を開発すると乳首でオーガズムに達する「乳首イキ」ができるようになります。また幸せホルモンのオキシトシンが分泌されるので、幸せな気持ちになれますよ。乳首開発のメリットについて、詳しく解説していきますね。

(1)乳首イキできる

乳首開発のメリットは、乳首イキできることです。乳首を開発すると、乳首が敏感になっていきます。その結果、乳首でオーガズムに達することができるんです。

男性はチンコを触ってないのに射精して、女性はマンコをいじらなくても中イキできるようになります。乳首イキの快感を味わいたい人は、乳首を開発することをおすすめしますよ。

(2)幸せな気持ちになる

乳首開発のメリットは、幸せな気持ちになることです。乳首を刺激していると、幸せホルモンのオキトシシンが分泌されて、ハッピーな気分になれますよ。怪しく聞こえますが、本当の話です。

オキトシシンは好きな人とのハグやセックスにおいて分泌されるものですが、オナニーをしている時や乳首をいじってる時にも分泌されます。乳首を開発すればオキトシシンがドバドバに分泌されて、ハッピーになれますよ。

(3)美肌になる

乳首開発のメリットは、美肌になることです。おっぱいの周りを刺激すると、女性ホルモンが分泌されます。その結果、肌が綺麗になるんです。

女性ホルモンは髪や肌を綺麗に保つ作用があります。乳首開発で気持ちよくなりながら美肌も手に入ったら一石二鳥。肌を綺麗にしたい人は、乳首開発をしましょう。

(4)簡単に行える

乳首開発のメリットは、簡単に行えることです。チンコやマンコを刺激するより、乳首のほうがお手軽なんですよね。男性で言うと、オナニー後にティッシュで精子を拭くといった作業をする必要がありません。女性で言うと、ティッシュで愛液を拭く手間が省けます。

また、乳首開発は服の上からだって行えます。そのため、いつでもどこでもチクニーはできるんです。もちろん公衆の面前で乳首開発してたらアウトなので、それはやめましょうね。

乳首開発のデメリット

乳首開発のデメリットを説明する女性

乳首開発のデメリットは、以下の通りです。

乳首開発のデメリット
  1. 乳首が大きくなる
  2. 乳首が黒ずむ
  3. 少しの刺激で感じてしまう
  4. 乳首がとれる

乳首開発はメリットばかりですが、やりすぎるとデメリットも生まれます。特に乳首が大きくなったり、黒ずんだりとビジュアル的に良くないことが多いです。最悪の場合は、乳首がポロッととれることだってありえますよ。乳首開発のデメリットについて、詳しく説明していきますね。

(1)乳首が大きくなる

乳首開発のデメリットは、乳首が大きくなることです。乳首が刺激を受けると血流が良くなります。その結果、乳首が成長してしまう可能性があるんです。特に力のかかりやすい利き腕側の乳首が大きくなりますよ。

男性は女性ホルモンの分泌が良くなるので、乳首どころか乳房が大きくなる可能性があります。とはいえ、これは乳首開発をやりすぎた場合の話なので、過剰に恐れる必要はありません。何事もほどほどに…というやつですね。

(2)乳首が黒ずむ

乳首開発のデメリットは、乳首が黒ずむことです。乳首を刺激し続けることによる摩擦が原因ですよ。摩擦によってメラニン色素が発生して、乳首の色が濃くなってしまうんです。

乳首開発となると、乳首を刺激する必要があるので、摩擦は避けられません。とはいえ、これもやりすぎた場合の話ですので、過剰に恐れる必要はありませんよ。気になる人は、黒ずみ専用クリームである「イビサクリーム」を使うことをおすすめします。

(3)少しの刺激で感じてしまう

乳首開発のデメリットは、少しの刺激で感じてしまうことです。開発が成功すると、乳首はどんどん敏感になっていきます。その結果、ブラジャーやインナーがこすれるだけで、気持ちよくなってしまう可能性があるんです。

乳首開発がうまくいくと、男性は乳首が服をこすれるだけでチンコビンビン・我慢汁ダラダラ状態、女性は愛液でパンツがビショビショになるかもしれません。ちょっとした刺激で全身に快感が駆け巡ってしまうのも乳首開発のデメリットです。

(4)乳首がとれる

乳首開発のデメリットは、乳首がとれることです。乳首は思っている以上にデリケートな部位です。そのため、強い刺激を加えすぎるとポロッと取れてしまう可能性もあります。

「ほんとに?」「嘘でしょ?」と思うかもしれませんが、経験人数200人以上の著者は1回だけ両方の乳首がない女性に出会ったことがあります。乳首って本当にとれるんだなぁ…と衝撃を受けた瞬間でしたよ。乳首のないおっぱいを見た瞬間にチンコは萎えました。乳首の開発しすぎで、乳首がとれないように気をつけてくださいね。

乳首の感度を上げるために開発すべき部位

乳首の感度を上げるために開発すべき部位を説明する女性

乳首の感度を上げるために開発すべき部位は、以下の通りです。

乳首の感度を上げるために開発すべき部位
  1. スペンス乳腺
  2. マイスネル小体
  3. パチニ小体

聴き慣れない単語が並びますが、乳首だけでなく上記の部位を刺激すると、乳首で気持ちよくなりやすいです。上記の部位について、詳しく説明していきますね。

(1)スペンス乳腺

乳首の感度を上げるために開発すべき部位は、スペンス乳腺です。脇の下から下乳にかけての部分のことを言います。胸のGスポットと呼ばれるほど、気持ちよくなれる部位なんです。

スペンス乳腺は、乳首だけでなく、おっぱい全体の感度を高めてくれます。開発によっては、乳首イキしてしまうくらい敏感になれますよ。乳首開発の際は、スペンス乳腺も刺激しましょう。

(2)マイスネル小体

乳首の感度を上げるために開発すべき部位は、マイスネル小体です。乳首の表面にある神経のことを言います。乳首を刺激した時に「気持ちいい」と感じたり「痛い」と感じたりするのは、マイスネル小体があるからなんですよ。

マイスネル小体を開発するには、小刻みに振動を与えるような触り方がおすすめです。指先でコリコリしたり、時計回りに撫で回したりすることでマイスネル小体で気持ちよくなれますよ。乳首開発の時は、ぜひ意識してみてください。

(3)パチニ小体

乳首の感度を上げるために開発すべき部位は、パチニ小体です。乳首の奥にある神経のことを言います。ほぼ乳首の根元にあるので、紹介した部位3つの中で刺激するのが1番難しい部位です。

パチニ小体を刺激するには、乳首を強く吸うのがおすすめです。セルフで吸うのは難しいので、パートナーに吸ってもらうか、乳首吸引器を使うと効率よく刺激できますよ。乳首開発の時は、パチニ小体を刺激しましょう。

乳首開発の方法・やり方

乳首開発の方法・やり方について説明する女性

乳首開発の方法・やり方は、以下の通りです。

乳首開発の方法・やり方
  • ステップ1:服の上から刺激する
  • ステップ2:乳首を直に刺激する
  • ステップ3:クリトリスと同時に刺激する
  • ステップ4:小型バイブ・ローターで刺激する
  • ステップ5:スポールバンを貼って刺激する
  • ステップ6:メンソレータムで刺激する
  • ステップ7:ニップルクリップで刺激する
  • ステップ8:食器用スポンジで刺激する
  • ステップ9:輪ゴムで縛る

乳首を開発するにはステップ1から順番にやっていくといいですよ。すでに開発が進んでいる人は途中から始めても平気ですが、乳首は焦らずに開発していくことが気持ちよくなるポイントです。乳首開発の方法について、詳しく解説していきますね。

ステップ1:服の上から刺激する

乳首開発の方法ステップ1は、服の上から刺激することです。まずは弱い刺激から慣れていきましょう。服の上からあれば、それほど強い刺激ではないので、ゆっくり乳首開発を行えますよ。

服の上から指先を時計回りに回してみてください。刺激になれてきたらだんだんと強くしていきましょう。あまり強く触りすぎると服との摩擦で痛くなるので注意してくださいね。

ステップ2:乳首を直に刺激する

乳首開発の方法ステップ2は、乳首を直に刺激することです。服の上からの刺激に慣れたら、乳首を指で直接いじくり回しましょう。以下のように、色んな触り方をすると乳首開発が効率よく進みますよ。

乳首開発の触り方例
  1. つまみながらねじる
  2. デコピンのように弾く
  3. 指先でこする
  4. 叩く
  5. 吸う
  6. 舐める
  7. 噛む

上記のように、色んな触り方を試してみてください。自分に合った触り方や刺激が見つかるはずです。気持ちいい触り方が見つかったら、同じ動きを繰り返すと、日を追うごとに乳首が敏感になっていきますよ。チクニーできるようになるでしょう。

ステップ3:小型バイブ・ローターで刺激する

乳首開発の方法ステップ3は、小型バイブ・ローターで刺激することです。小型バイブやローターは刺激が強いので、効率よく乳首を開発することができます。

乳首開発に1番おすすめの小型バイブが、さくらの恋猫です。

アダルトグッズのさくらの恋猫

手のひらサイズの小型バイブで、スマホとBluetooth連動で遠隔操作できることが大きな特徴ですよ。6種類の振動から自分の好きな動きを選べるので、気持ちいい刺激を得られますよ。チクニーしたい男性・女性におすすめです。

>>>さくらの恋猫の公式サイトへ

さくらの恋猫の口コミはこちらです!

このように、さくらの恋猫に効果を感じた人はたくさんいます。乳首開発もできること間違いなしです。ぜひ試してみてくださいね。

>>>さくらの恋猫の公式サイトへ

ステップ4:スポールバンを貼って刺激する

乳首開発の方法ステップ4は、スポールバンを貼って刺激することです。スポールバンとは、丸いシールに1mmの鍼がついたアイテムのことです。ツボを刺激するための医療用品ですが、チクニーや乳首開発に応用することもできます。

スポールバン

乳首に貼って普通に過ごすだけで乳首開発ができますよ。乳首の中にあるツボを刺激することで、感度が上がって敏感になるためです。乳首を感じやすくしたい男性・女性は、ぜひスポールバンを試してみてくださいね。

>>>スポールバンの販売サイトへ

ステップ5:メンソレータムで刺激する

乳首開発の方法ステップ5は、メンソレータムで刺激することです。メンソレータムはメントール成分が配合されたリップクリームで、スースーした刺激があります。乳首に塗ると、メンソレータムのスースー感によって、感じやすくなれますよ。

メンソレータム

ただし塗りすぎると、メントール成分のスースー感が強すぎて、刺激が強いな…と思う可能性が高いです。そのため、ひと塗りずつ様子を見ながら使うようにしましょう。

>>>メンソレータムの販売サイトへ

ステップ6:クリトリスと同時に刺激する

乳首開発の方法ステップ6は、クリトリスと同時に刺激することです。同時責めすることで、ダブルの快感を味わえますよ。体が気持ちいい刺激に順応していくので、乳首開発が進みます。

乳首を指でいじりながら同時にクリトリスをいじるのは難易度が高いです。そのため、どちらか片方をバイブやローターでまかなうと良いでしょう。先ほど紹介したさくらの恋猫なら、6種類の振動から自分の好きな動きを選べます。気持ちいい刺激を得られるので、チクニーしたい男性・女性におすすめです。

>>>さくらの恋猫の公式サイトへ

ステップ7:ニップルクリップで刺激する

乳首開発の方法ステップ7は、ニップルクリップで刺激することです。ニップルクリップとは、乳首につけるアクセサリーのことです。乳首が締め付けられる刺激を味わえますよ。視覚的にもお洒落です。

ニップルクリップの中には、乳首を吸引するタイプのものもあります。本来はファッションのためのものですが、使い方によっては乳首開発に使えるため、ぜひ試してみてくださいね。

ニップルクリップ

>>>ニップルクリックの販売サイトへ

ステップ8:食器用スポンジで刺激する

乳首開発の方法ステップ9は、食器用スポンジで刺激することです。表面が柔らかく、裏面が固いタイプのスポンジを使ってみてください。ダブルの刺激を味わえますよ。

柔らかい面のソフトな刺激に慣れたら、固い面のハードな刺激を試してみましょう。家庭用スポンジでこんなエロい気分になるなんて…!と背徳感を味わえますよ。

ただしメラニンスポンジは絶対に使用しないでくださいね。メラニンスポンジには研磨効果があるので、乳首が削れてしまいます。血が出てしまうので、メラニンスポンジで乳首を開発するのはやめましょう。スポンジの種類に気をつけて乳首開発してください。

ステップ9:輪ゴムで縛る

乳首開発の方法ステップ10は、輪ゴムで縛ることです。乳首を立たせてから輪ゴムで縛りつけてみてください。縛りつけられることによる強い刺激で気持ちよくなれますよ。

大きい輪ゴムだと縛りつけるのが大変なので、ヘアゴムのような小さい輪ゴムを使いましょう。勃起状態の乳首に2〜3回巻き付けたら完成です。乳首を縛りつけた状態でチクニーすると、ダブルの刺激を味わえるため気持ちいいですよ。ただし、やりすぎによるケガには注意してくださいね。

乳首開発のコツ

乳首開発をする女性

乳首開発のコツは、以下の通りです。

乳首開発のコツ
  1. 目を閉じて妄想する
  2. リラックスする
  3. 映画やAVを見る
  4. 痛くなるまで刺激しない

乳首を開発するには、精神的刺激を受けながらチクニーするのがいいですよ。目を閉じて妄想したり、映画やAVを見て興奮したりすると、神経が働きやすいので、乳首で感じやすくなります。乳首開発のコツについて、詳しく説明していきますね。

(1)目を閉じて妄想する

乳首開発のコツは、目を閉じて妄想することです。精神的な刺激を高めることで、乳首オナニーの集中力が高まります。集中力が高まると感度がどんどん良くなっていくので、乳首開発がスムーズに進みますよ。

妄想する内容は、興奮できればなんでもいいです。今までで1番良かったセックスや性癖に刺さるシチュエーションを思い浮かべるなど、興奮材料を探しましょう。乳首開発する時は、目を閉じて妄想してみてくださいね。

(2)リラックスする

乳首開発のコツは、リラックスすることです。リラックスすると、全身の神経が研ぎ澄まされて乳首が敏感になりますよ。逆に体が緊張していると、刺激に対して抵抗したくなるので、気持ちよくなれません。

リラックスするには、仰向けになって全身の力を抜くことが大切です。リラックスした状態で乳首を触ると、いつもより感じやすくなっていることに気付けるはず。乳首を開発する時は、全身をリラックスさせて、神経を研ぎ済ませましょう。

(3)映画やAVを見る

乳首開発のコツは、映画やAVを見ることです。恋や性がテーマの芸術に触れると、精神的な刺激を高めることができますよ。エロい気分になれるので、乳首が感じやすくなります。

AVで自分の性癖に刺さるセックスシーンを観て「こんなプレイをしてみたい」と思ったり、小説や映画のラブストーリーに感情移入して「こんな恋愛をしてみたい」と思ったりするといいですよ。映画・小説・AVを観ながら乳首をいじることが、乳首を開発するコツなんです。

(4)痛くなるまで刺激しない

乳首開発のコツは、痛くなるまで刺激しないことです。乳首は元々とてもデリケートな部位だからです。触りすぎると、摩擦で痛くなったり黒ずんだりするリスクがあります。

乳首開発は元々時間がかかるものなので、1ヶ月や3ヶ月など長いスパンで見るようにしましょう。寝る前に5分だけ乳首開発の時間を作ったり、普段のオナニーに乳首責めを取り入れるだけで十分です。乳首の触りすぎには注意してくださいね。

まとめ:乳首を開発して、感度を上げよう

乳首開発で気持ちよくなる女性

以上、乳首開発の方法・やり方について解説しました。

乳首開発とは?
乳首を性感帯として開発していくこと。
乳首開発のメリット
  1. 乳首イキできる
  2. 幸せな気持ちになる
  3. 美肌になる
  4. 簡単に行える
乳首開発のデメリット
  1. 乳首が大きくなる
  2. 乳首が黒ずむ
  3. 少しの刺激で感じてしまう
  4. 乳首がとれる
乳首の感度を上げるために開発すべき部位
  1. スペンス乳腺
  2. マイスネル小体
  3. パチニ小体
乳首開発の方法・やり方
  • ステップ1:服の上から刺激する
  • ステップ2:乳首を直に刺激する
  • ステップ3:クリトリスと同時に刺激する
  • ステップ4:小型バイブ・ローターで刺激する
  • ステップ5:スポールバンを貼って刺激する
  • ステップ6:メンソレータムで刺激する
  • ステップ7:ニップルクリップで刺激する
  • ステップ8:食器用スポンジで刺激する
  • ステップ9:輪ゴムで縛る
乳首開発のコツ
  1. 目を閉じて妄想する
  2. リラックスする
  3. 映画やAVを見る
  4. 痛くなるまで刺激しない

乳首を開発するには、服の上から刺激することからスタートして、段々と刺激を強くしていくのが大切ですよ。刺激に体を鳴らしていくことの繰り返しで乳首は敏感に感じやすくなっていきます。

乳首開発に1番おすすめの小型バイブが、さくらの恋猫です。

アダルトグッズのさくらの恋猫

手のひらサイズの小型バイブで、スマホとBluetooth連動で遠隔操作できることが大きな特徴ですよ。6種類の振動から自分の好きな動きを選べるので、気持ちいい刺激を得られますよ。チクニーしたい男性・女性におすすめです。

>>>さくらの恋猫の公式サイトへ