やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

実家暮らしのアラサー女子がモテない4つの理由

スポンサーリンク

ぼくはアラサーのお姉さんがすごくタイプ。

でも、これまでいろんなアラサーのお姉さんと関わってきた中で、お姉さんには2種類いることが分かった。

自分の頭で考えて生きてきたお姉さんと、精神的に幼稚で無駄に歳を重ねただけのお姉さん(笑)である。

そして、幼稚で無駄に歳を重ねただけのお姉さん(笑)は総じて生まれてからずっと実家暮らしの人が多かった。

そこからぼくの「実家暮らしのアラサー女子」に対する偏見は始まった。

 

マッチングアプリのプロフィールには大抵「同居人」という項目がある。

ぼくは女性のプロフィールを見る時、「同居人」の項目が「実家暮らし」になっているとがっかりしてしまう。

特に、25歳以上の女性が実家暮らしだと「あーあ」ってなる。

 

今は実家暮らしの女性を恋愛対象として見ていない。

というか地雷だと思ってる。

実家暮らしのアラサー女子がなぜモテないのか解説したい。

 

 

1.家事をしたことがない

実家暮らしの女性の多くは家事をしない。

先に言っておくけど「女性=家事するもの」というステレオタイプの考え方を押し付けるつもりじゃないよ。

むしろ家事は男女関係なくできなきゃダメだと思ってる。

今まで一人暮らしで家事をしてきた自分にとって、いい歳をした大人が「家事は親に任せきり」と言われると、人として未熟さを感じてしまう。

 

そもそも、家事にできないという概念は存在しないと思う。

やるかやらないかだけなのに、実家暮らしなのをいいことに、親に家事を任せきりな挙句、平気な顔をして「家事できないんだよねー」と言われると苦笑いしちゃう。

大人になっても「家に帰ったらご飯が作ってあるのが当たり前」の人とは、価値観を共有することができない。

 

2.お金の流れを知らない

一人暮らしをしていると、嫌でもお金のことを考えるようになる。

家賃、食費、電気代、水道代etc...

家から出たことのない女の子はその経験をしたことがないから、経済観念がない。

「あぁー、今月やべええええ!!!どうしよ!!!死ぬかな!?」みたいな経験したことないでしょ。

 

ぼくを含めて一人暮らしの人でも金遣い荒い人はたくさんいるけど、出ていくお金の額は計算しているからお金の流れは掴んでいる。

でも実家暮らしの人が毎月払うのって、携帯代と家にお金入れる分くらいでしょ?

あとは好きに使っていいお金だから、お金のやりくりなんて考えなくていいよね。

すごい楽で素晴らしいと思うけど、付き合いたいとは思わない。

やたらお金かかりそう。。

 

3.他力本願で幼稚

これが実家暮らしのアラサー女子に対するがっかり感の理由として、一番大きい。

実家暮らしのアラサー女子は、30年近く怠惰な生活に慣れて他人に寄生して生きている。

アラサー女子はぼくみたいな年下に対して、やたらマウンティングしてくるけど、根っこの部分が他力本願で幼稚。

 

付き合うにしても、自立していない人間はお荷物にしかならない。

自立した人間同士なら、相互理解しながらいい関係を育める。

でも、どちらかが自立してなければ一方的な関係になってしまう。

 

4.親の悪口を言う

実家暮らしのアラサーが、親の悪口を言ってるのを見ると「いつまでも子供みたいなこと言ってないで、さっさと実家から出ろよ」と強く思う。

大人ならどんな生き方をするのも自由なのに、実家暮らしのアラサー女子は自分の頭で考える習慣がついてないから、一人暮らしすることすら思いつかない。

実家暮らしの大人が親の悪口を言う資格はないと思う。

親の悪口を言うからダメではなく、親の悪口を言うくせに実家に寄生し続けてる姿がかっこ悪い。

 

 

以上、偏見に満ち溢れた記事でした。

 

付き合うなら、絶対一人暮らしの人のほうがいい。