やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

【書評】山田ズーニーの「伝わる・揺さぶる 文章を書く」はブロガー必読。

スポンサーリンク

山田ズーニーさんの「伝わる・揺さぶる 文章を書く」は長年のベストセラー。

この本には、自分の想いを文章で表現するために必要なことが全て書かれている。

とっても伝わるし、揺さぶられますよ(ボキャ貧)。

 

著者の山田ズーニーさんはベネッセの進研ゼミで小論文指導を長年していた人。

「ほぼ日」でも「大人の小論文教室」というコーナーを持っているよね。

まさに文章のプロ中のプロ。幽遊白書でいったら、玄海師匠みたいな人である。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

 

文章が他人に通じる7つの要件

  1. 意見:自分が1番言いたいことは何か?
  2. 望む結果:この文章を読んだ結果、相手になんと言ってほしいか?
  3. 論点:自分の問題意識はどこに向かっているか?
  4. 読み手:相手の立場になってみたらこの話は何?
  5. 自分の立場:相手から自分はどう見られているか?
  6. 論拠:なぜそう言えるか?
  7. 根本思想:自分の根っこにある想いは何か?

 

この本が目指すゴールは「あなたの書いたもので、読み手の心を動かし、状況を切り開き、望む結果を出すこと」

そのために覚えておきたいのが、上記の7つの要件だ。

 

論点を制する者は文章を制す

7つの要件の中で特に大切なのは論点だ。

「論点を制する者は文章を制す」と著者は言う。

論点とは?

論点とは、文章を貫く問い。

筆者の問題意識と言ってもいい。

論点、つまり問題意識を共有していれば、どんなジャンルの、どんなことを持ってきても会話は成立する。

ぼくは問いを「文章を書くテーマ」だと解釈した。

ブログなら「記事タイトル」が「問い」にあたると思う。

 

問いには、かけがえのない価値がある

学問も問題解決も、「問い」の発見から始まる。

自分にとって切実な問い、解きたい謎、まだ形にならない違和感も、

独自の創造の芽であり、かけがえのない価値がある。

さらっと言えば「日頃からアンテナ張って、ちゃんとネタ探せよ」ということ。

言葉にできない「もやもや」や「なんで?」を放置しないで、考える癖をつけよう。

 

論点の探し方

論点は文章を貫く問題意識だ。

はっきりとした疑問点で書くクセをつけよう。 

アウトラインを立てるとき、あるいは文章を書き出す時、

論点を「人間関係について」と漠然と書かないで、疑問形にする。

「人間関係はどうすればうまくいくか?」

「職場での人間関係の問題点は何か?」

疑問形にするだけで、文の方向性がぐっと絞られる。

原因、手段、理想像などテーマを見る角度を変え、独自の切り込みをしなければ疑問形にはならないからだ。

良い問いを見つけることが良い文章を書くことに繋がる。

過去、現在、未来、社会、世界...など視点を多角的に持って、独自の切り口から「問い」を探すのが大切。

往年のテツandトモを見習いたいところ。

 

根本思想

根本思想とは?

根本思想は、書く時の根本にあるその人の思いや思想。

付け焼き刃で仕入れた知識を、受け売りするだけでは、人の心は動かない。

根本思想は言葉の根にある思いや価値観。

文章には、気持ちが必要なんですね。

 

自分の気持ちに、正直でいよう

文章で大切なのは、自分の気持ちに嘘をつかないこと。

自分の腑に落ちるまで、自分の生き方に合った言葉を探し、言葉を発見し自分を偽らない文章を書くことによってのみ、読み手の心は動くのだ。

それはそうだよなー。

自分に嘘つきながら書く文章って、ベストな言葉が出てこないから言葉に重さが出てこない。それは読者にも伝わると思う。

 

安易にウケを狙わない

自分が何を書きたいかより、どういうことを書いたらウケがいいかを優先しすぎると、自分の思いと離れた空々しい意見しか出てこない。

すると、人間の印象まで、嘘っぽく映ってしまう。

根本の思いに嘘をつかず、考えていくことが原則だ。

 いつもウケを狙ってばかりなので気をつけます。。

うんこプー。

 

思考停止

思考停止ポイントを見つける

編集の新米のころの自分は、いただいた原稿への感想に「素晴らしい」を連発していた。

若い私には、本当に「素晴らしい」のひと言に尽きたのだ。

しかししばらくして、自分にボキャブラリーがないために「素晴らしい」に逃げていることに気がついた。

そこで私は、自分に「素晴らしい」使用禁止令を出した。

「素晴らしい」という形容詞が使えないのは、ものすごく苦しいことだった。

それにより、いつも以上に時間をかけて原稿をよく読むことが必要になった。

どこに魅力があるか?なぜ魅力があるか?それをどういう言葉で表現するか?

そういったことを、普段いかに考えてこなかったかがわかった。

「素晴らしい」が私の思考停止ポイントだったのだ。

形容詞って便利だから使いがちだけど、そこに思考停止ポイントがある。

普段、ぼくが使う口癖を見直してみました。。

「ウケるー!」「ヤバすぎー!」「ちんちん」「うんこプー」

あかん、これは思考停止してますわ。

 

自分と向き合おう

なんとなくで生きるということは、自分の中にあるものと向き合わないことだ。

他人の言うことを仕入れては、切り分けて、外に出す。

そんな受け売りを繰り返していると、自分の内面と、行動が離れていく。

自分が外界と関わっていることにならない。

だから、考えることを通して、自分の内面を顕在化できないとき、人は静かに傷ついていくのだ。  

文章に限らず、生き方にまで守備範囲が届くズーニーさんゴイスー。

確かに他人に流されて生きていくと、段々と自分が死んでいくのが分かる。

常に自分と向き合うこと、自分の頭で考える癖をつけないとね。

 

どうですか?ズーニーさんの想いは伝わりましたか?揺さぶられましたか?

文章で表現する人のみならず、文章を上手くなりたい人はぜひ読んでみてください。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)