やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

【感想】「東京タラレバ娘」は23歳男が読んでも面白かった

スポンサーリンク

今流行りの「東京タラレバ娘」読んできました。

いやぁ、めっちゃ面白いわこれ。

女友達と楽しくやっていたら33歳になっていたアラサー女子のお話。

容赦なく痛いところを突いてくるリアルな描写で、心が折れる人多数。

あまりにも容赦ないので、読むと屍になる現代のホラー漫画だという声もちらほら。

だけどそのリアル感に、グイグイ引き込まれる。

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

 

タラレバ娘とは?

「~してたら」「~してれば」「たられば」ばかりを繰り返す女性たちを指す言葉。

過去の選択を後悔して嘆いたり、してもしかたがない話ばかりする人たちのこと。

作中では倫子(ワンナイト担当)、香(セフレ担当)、小雪(不倫担当)の3人を指していた「タラレバ娘」。

でも実際には年齢・性別関係なく、過去の選択を後悔する人たちはたくさんいる。

 

さらっと感想

ぼくは23歳の男だし「東京タラレバ娘」の対象読者じゃないと思っていたから、気楽なスタンスで読んでいたけど、年齢も性別もタラレバ娘と異なるぼくにも、心に突き刺さる描写が数多くあって、物語に引き込まれていった。

 

でも年齢も性別も違うアラサー女子の切迫した心境は、肌感覚で理解ができない。

ぼくから見たら、倫子・香・小雪はとても綺麗で、仕事も充実していて、自分の居場所があって、むしろ羨望される対象なんじゃないか?と思う。

なかなかこの3人のスペックを上回る人っていないと思うんだけど、どうなんだろう。

 

もしかしたら、いつまでも夢見がちなアラサー女子に対して、痛々しいくらいに厳しい現実を突きつけることで「行動しなかったら、ずっとこのままだよ」と伝える作者なりのエールなのかもしれない。

そこそこ高スペックな倫子・香・小雪を、未婚という理由でやたら不幸に描き、危機感を煽って、アラサー女子に対してパラダイムシフトを起こそうとしている。

きっと作者の身の回りには、こじらせたアラサー女子が多いのかな?

 

20代男のぼくでも共感できた台詞

東京タラレバ娘には、ぼくみたいな23歳の男でも共感できるセリフがいくつもあった。

 

東京のど真ん中って自分を見失いがちだ。

くるくる変わる、でっかいビルのでっかい広告。

 

見出しだけキャッチーな誰が書いたか分からないテキトーなネットニュースを見ながら。

次々できては、すぐに潰れる流行りのカフェでお茶をして。

高いお金払って食べたケーキの味もすぐに忘れてしまう。 

 

東京は好きだけど。華やかで刺激的で楽しい街だけど。

歳をとるにつれ、自分らしさがこの街に溶けてなくなっていく気がする。

 オリンピックの頃にはこの街はどうなっているんだろう。

私はどうなっているんだろう。

東京に吸収された透明で空っぽなおばさんになって。

誰からも気づかれない透明人間として東京で暮らすんだろう。

東京って目新しいものばかりで、街を歩くだけで楽しい。はい、田舎者です。

その一方で、東京に吸収されていく気持ちがすごく分かる。

たぶん新宿駅周辺の喧騒に対して何も思わなくなってから、自分は東京に飲み込まれたんだと思う。

 

立ち上がれない。そんなこと言われても立ち上がり方がわからない。 

だってこの数年の私達は、女子会と称して酒ばっかり飲んで。

出会いがないとか、いい男がいないとか愚痴ばっかり言って。

つまんない男と結婚した同級生を憐れんで。

合コンばっかりやってる若い女の子たちをバカにして。 

そして30歳を越えた私たちはいつも試合には参加せずに、みんなが頑張って戦っているのを、ベンチの中から見物して偉そうなことばかり言ってた。

ボールが飛んでこない外野から、あれこれ言うのはちょー簡単。

でも。欲しいものがあるなら、見てるだけじゃだめ。

待ってたら、与えてくれる人が現れるなんてありえないから。

欲しいものがあるなら、自分から手に入れにいかないとね。

 

何かあっただけマシ。何もないほうがマシ。

誰からも相手にされないよりはマシ。

一晩の過ちの相手がイケメンだったからマシ。

あの女より顔もスタイルもマシ。

やりたい仕事でメシ食えてるだけマシ。

もう33歳だけど40オーバーの独女よりは全然マシ。

でも、いくら『マシ』を数えたって私の人生、全然幸せじゃない。

上を見たらきりがないように、下を見たら見たできりがない。

誰かを見下すことで一時の優越感を得られるときもあるけど、根本的な解決にならない。

 

まとめ

ドラマにハマった人なら、漫画も絶対読んだほうがいい。

恋愛や婚活に悩む女性にとっては、いい処方箋になるし、女心を知りたい男性にとってはいい勉強になると思う。

 

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)