やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

失恋から立ち直るには、別れた人への執着を捨てるしかない

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20161222015423j:plain

ぼくは恋愛においてそこそこ痛い思いをしてきた。

リヴァイ兵長が「躾に一番効くのは痛みだと思う」と言うように、痛い思いをすることで学べることは結構ある。

かといって、自分から痛い思いをしにいくのはバカでしかない。

 

そんな今のぼくがたどり着いている境地は、

失恋から立ち直るには、別れた人に執着しないことが一番大切ということだ。

 

失恋から立ち直りたいなら、執着しないこと

失恋の痛みの正体は、元カレ(元カノ)への執着という自分自身の感情だ。

相手のせいじゃない、割り切れない自分のせいなのだ。

だから被害者意識を持ってはいけない。

あくまで自分自身の感情なのだから、自分で解決するしかない。

好きの反対は無関心。

嫌いになるのは、好きと同じであり相手への執着が残っている証だ。

失恋から立ち直りたいなら全力で執着を捨てて無関心になるしかない。

 

別れた人の幸せは願わなくていい

よく美談として扱われがちな、別れた人の幸せなんて願う必要は全くない。

そんなのただのオナニーで、自分に酔いたい人がする行為だ。

そもそも自分の明日すら見えてない他人に、幸せを祈られたって迷惑。

そもそも別れた人のことを考えること自体が、執着だから。

別れた人のことはいいから、まず自分を大切にしてください。

 

あらゆる角度から、別れた人を消す

執着は、元カレ(元カノ)にまつわる全てのものから生まれる。

もらったプレゼント、置いていった服、枕の匂い、写メ、SNS、一緒に住んでいた部屋。

それらのものは、今までのような愛情ではなく執着となって失恋した人を襲う。

だから全力で捨てなきゃいけない。消さなきゃいけない。

思い出を大切にする人なんて、全然美しくなんてない。

過ぎ去った過去のために未来を閉ざすべきじゃない。

それでも捨てられない人は、相手を思ってるんじゃなくて自分に酔ってるだけ。

 

別れてからも、元カレ(元カノ)のSNSをフォローしている人もどうかしてる。

自分の知らないところで楽しんでいる元恋人に、理不尽な怒りを抱き余計に苦しむだけ。

別れた人へ向けてツイートするのも自分が惨めになるだけだからダメ。

さっさとブロックして、自分の視界から消したほうがいい。

 

恋愛も諸行無常

あらゆる物事は、常に変化し続けている。

変わらない愛を誓い合った2人もいつかは変わるのが当たり前。

どちらかの変化に適応できなくて、別れるパターンがほとんどだろう。

変化によって、相手に別れたい理由ができたから別れただけ。

個人でどうこうできる問題じゃない。

だから過ぎ去った過去を愛でたり悔やんだりしてもしょうがない。

過去の幻想に執着するだけ、自分が苦しむだけだ。

 

 

ぼくは知っている。

恋愛において、悪い予感は必ず当たることを。

それでも淡々と受け入れるだろう。

今年もクリスマスケーキを独り占めできる。