やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

パパ活女子に聞いたパパ活の現実が、意外と辛かった

スポンサーリンク

パパ活とは「体の関係を持たない援助交際」だ。

美味しいご飯に連れていってもらえて、お小遣いももらえる。

女の子にとって、こんなおいしい話はない。

ぼくが女の子だったら、パパ活でプール付きの家を建てているだろう。

Twitterでパパ活女子のアカウントを見ると、景気のいい話が次から次へと出てくる。

生まれた時からずっとボンビラス星に住むぼくからすれば、別世界に住む人々の戯れにしか聞こえない。

だが、友達のパパ活女子から聞いた話は、ネットで見る華やかなイメージと全く異なるものだった。

 

一般的なパパ活のメリットはこれだ。

・資金(=お金)が手に入る

・成功した人のそばにいることでビジネスに役に立つ

・人間性が磨かれ同年代の男性からもモテるようになる

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

 だが、現実のパパ活は違う。

・資金が手に入る

→会う前の提示額より少ない額しか払われない(例:10万円→3万円)

・成功した人のそばにいることでビジネスに役に立つ

そもそもビジネスの話をされても自慢話が大半で、女子側が理解できない、興味ない

・人間性が磨かれ同年代の男性からもモテるようになる

→社会的地位はあっても、コミュ障で人間性に乏しいパパが多く、人間性は磨かれない

パパ活は、ギャンブルと同じ。

出会ったパパの当たり外れで全てが決まる。

だが大多数のパパが外れなので、当たりを引くのが困難だ。 

 

パパ活をする男の大半は訳あり物件

友人のパパ活女子たちは共通して「いいパパに出会うのは難しい。」と言っていた。

パパ活をする男の大半は、大人の余裕を持った男ではない。

大人の余裕を持った(ふりをした)男である。

 

大半のパパがお金をあんまり持っていない、身体の関係を求めてくる、会話が絶望的につまらないなど、人間性に難ありな人が多い。

 

まぁお金持ちで人間性に優れたパパはパパ活なんて虚業には走らない。

そのような層はパパ活なんて半端なことをせずに、アブノーマルな場所でアブノーマルな嗜好を楽しんでいる。

 

一般的にパパ活は「哀れな男が女に金を搾取されている」と思われがち。

しかし本当に搾取されているのは、大人の余裕を持った(ふりをした)男に振り回される女の子サイドだ。

 

上手なパパ活女子と下手なパパ活女子の違い

パパ活がうまくいく女の子の特徴は、ビジネスだと割り切れることだと思う。

自分の性と時間を切り売りしていることを自覚し、ちゃんと値段交渉できる人はパパ活で最大の成果を上げていく。

 

だが、大半の女の子は自分の性と時間を切り売りしていることに自覚がなく、ちゃんとした値段交渉をしない。

男の虚構だらけの自慢話を退屈だと思いながらも肩書きに目がくらんで、どこかで自慢話を信じている。

 

「いい子だね」と言われたら要注意

大半の女の子は、パパをいいように使っているようで、実はパパのいいように扱われていることに気づかない。

パパの心理は常に「できるだけ安く抑えたい」だし「いくらでもお小遣いあげるよ」という言葉はヤるための方便だから鵜呑みにしなくていい。

「いい子だね」と言われたら「(都合の)いい子だね」と言われているのと同じである。

 

押しが強く断れなかったり、自分の性欲に負けた結果、「パパ活」が「ただの援助交際」に移行するケースも存在する。

そういう場合は追加のお金を要求し辛いという声を聞いたが、お金は絶対貰わなきゃダメだと思う。

お金を貰っておくことで、ビジネスライクな関係を保てるからだ。

感情に絆された分だけ、パパはつけ込んでくる。

 

代わりはいくらでもいる

自分たちの代わりはいくらでもいることを自覚したほうがいい。

女の子にとって代わりのパパがいくらでもいるように、パパも代わりの女の子はいくらでも調達できる。

1回きりの出会いになる可能性のほうが高いのだから、お金はちゃんともらったほうがいい。

お金払いが良くない男と継続的に会おうなんて思わないだろうけど。

お金持ちを探すのと可愛い子を探すのだったら、可愛い子を探す方がずっと簡単。

 

俺もママ探そう、ママ。

 

--次回予告

「ママ活はじめました」