やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

本当に大切なものは、失ってはじめて気づく

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20170104153304j:plain

本当に大切なものは、失ってはじめて気づくことが多い。

例えば、健康・家族・友人・恋人などだ。

最近のぼくにとって、pairsとwithがそれに当たる。

 

先日、2大マッチングアプリと呼ぶにふさわしいこれらのアプリを退会した。

ぼくがマッチングアプリをエンジョイできたのは、pairsとwithのおかげだ。

この2つさえ登録しておけば、どうにかなるくらいの安定感だった。

 

では、なぜ退会したのか。

どちらのアプリも狩り尽くしたことによる閉塞感があったからだ。

pairsに至っては1年間居座って、1000人以上の女の子と絡んだ。

そうなってくると、大体の可愛い女の子にはいいね!をつけているので、いいね!をつけたくなる女の子に出会えない。

いいね!をつければ2人に1人はマッチングするが、タイプじゃない女の子にいいね!をつけられても何も嬉しくないので放置ばかりしていた。

 

最初はオアシスと思えたpairsとwithだったが、気づけば砂漠にいるかのような気分だった。

質より量→量より質に方向転換した時期でもあったので、なおさらどうにかしたかった。

だから、一度退会して再登録することで閉塞感を打破したかった。

 

しかしpairロスとwithロスはあまりにも大きい。

今やっている他のマッチングアプリでは女の子の量も質も満足できない。

タップル誕生も登録した瞬間だけだし、tinderも外国人の女の子に興味はないので微妙。

安定して出会えるのはpairsとwithだけだと改めて確信した。だから早く再登録したい。

だがwithに至っては1ヶ月経っているのに、未だに再登録ができない。

マッチングアプリにおける退会後の再登録に必要な期間は大体1ヶ月のはずだ。

一体いつになったらwithに再登録できるのだろうか。

 

本当に大切なものは、失ってはじめて気づく。

当たり前のように存在していたものほど、失ったときの手持ち無沙汰感がすごい。

 

今も、麻薬の禁断症状のようにpairsとwithをやりたい衝動がぼくを襲う。

ハンカチを噛みしめながら、ぼくはその時を待っている。