やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

ぶりっ子する女の子が好きすぎて、どうにかなりそう

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20170202202618p:plain

ぶりっ子(ぶりっこ)は、性格類型のひとつ。

ぶりとは何らかの振りをしているの意味。主に女性が異性の前で無知なふりをして甘えている、非力のふりをしている、わざとらしいアピールをしていると解釈した人間が、否定的な見解を示す時に使われる言葉。

ぶりっ子 - Wikipedia

 

いやいや、否定的な見解だなんてとんでもない。

なんであんなに美しい方々をdisるんですか!

これからはぶりっ子の時代ですよ、ぶりっこよ!もっとぶりぶりしてくれ!!

でもう●こぶりぶりは勘弁してね!!臭いから!

ぼくは全国にいるぶりっ子の味方です!

特に一番たまらないのは年上のお姉さんにぶりっ子された時。

その自分の可愛さを理解した上での立ち振る舞い、さいこー!!!マイコー!!!!

 

今すぐどうにかしたくなって、ベルトに手がいきそうになる。

そんなことしたらレイパーだから、しないけど。

ぼくは誰よりも女の子の味方なんだ。

女の子のために生き、女の子のために死ぬ。

だから、えげつない自分の欲望を必死に抑えつける。

このような表情で。

「ヒソカ 鎮めなきゃ鎮めなきゃ」の画像検索結果

↑年上のお姉さんにぶりっ子をされた時のぼく

(参考画像:鎮めなきゃいけない時のヒソカさん)

 

自分のこと可愛いって思ってる女の子って大好き。

そういう女の子の立ち振る舞いは実際可愛いんだよね。。

かわいこぶってる女の子っていつからか、本当に可愛くなる。

可愛さが板についてくる感じ。

 

ぼくがぶりっこ認定する女の子の特徴

1.自分のことを名前で呼ぶ

自分のことを名前で呼ぶ子、大好き。

でもあだ名や苗字を一人称にする子は、好きじゃない。臭すぎ。

自分のことを名前で呼んでる子を見ると「あ、おいしそうなぶりっ子みーつけた(ズキューン)」となるので、ぜひ一人称は自分の下の名前でお願いしますね。

 

2.赤ちゃん、子供、動物(犬や猫)など可愛いものを見ると、途端に騒ぎ出す

自分より可愛いものを見ると、途端に反応して「かわいい~~~!!!」と騒ぎ出すのもぶりっ子の性。

青山テルマ feat.SoulJaならぬ、ぶりっ子 feat.ちびっ子という即席ユニットを作ることで、異性のハートをミリオンヒットさせにかかる。

自分より可愛いものとフィーチャリングすることで、自分の可愛さを高めようとするそのあざとさ、良き。

 

3.わざとゆっくり喋って、語尾を伸ばす

ぶりっ子にせっかちはいない。ありとあらゆる行動がゆったりしている。

もしかしたら早すぎて、ぼくが見ているものは残像なのかもしれないけど。

ぶりっ子がゆっくり喋るのは、口から放つ1つ1つの言葉に「私、可愛いです」という暗示効果を込めているのだと思う。

もう一回幼稚園からやり直してほしい、舌足らずな喋り方とってもgood!

幼稚園児とはいわず、赤ちゃん認定させていただきますね。愛でます。

 

まとめ

一般的には否定的な意味で使われる「ぶりっ子」。

グーグル検索のキーワードに「ぶりっ子 うざい」と出るくらいには嫌われているようだ。

でもぼくは自分の可愛さを最大化させようと奮闘するぶりっ子が大好き。

ぶりっ子を見ると、嗅ぎたくなってしょうがない。

天使のようなぶりっ子が臭くなるとかありえないけど、もしもがあったらそれを嘲笑して怒らせたい。

これからも素敵なぶりっ子に出会えますように。

全国のぶりっ子にあっぱれ。

 

---次回予告

「うんこプー」