やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

声の大きい女の子とは一緒に歩けない

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20161204202320j:plain

声の大きい女の子が苦手。

どんな女の子でも残念な印象になる。

声のボリュームが気になって、話す内容が頭に入ってこないんだよね。

話す声のボリュームがでかいと、笑い声なんてもっと悲惨。

 

ハキハキ話すのと、大きい声で話すのは全然ちがーう。

声の大きさも、相性の良し悪しに含まれる。

 

声の大きい女の子の心理をぐぐってみたら、

自信があるからこそ、大声ではっきりと主張する。(自己主張)
自信がないからこそ、大声で不安を払拭する。(虚栄心)

 らしい。

 

ならば、自信がある子には、こう伝えたい。

「○○ちゃんは本当に素敵だよね!もう十分過ぎるぐらい伝わるよ!

だから声のボリュームは小さくしようね!お願い!」

これを言えたらどれだけ楽なのだろうか。

 

一方、自信がない子には、ぼくがもっと頑張らなきゃなって思う。

たくさん褒めて、自信を持ってもらいたい。

「声のボリュームが小さくなれば、もっと魅力的になる。」

と口が裂けても言わないよ。

 

声の大きい女の子とのデート。

女の子の声の大きさに反比例して、小さくなるぼくの声。

声が小さくなると「え!?なに!?」と大声で聞き返されさらに悪循環。

ついには喋ること自体がめんどくさくなって、一緒にいるのが苦痛になる。

 

声が大きいと高圧的な印象を与えがち。

語気が強く聞こえるから、喧嘩を招きやすいと思う。

モテないなーとお悩みの方は、声の大きさを振り返ってみてはいかがでしょうか?

あと、声が大きい人に優しく教える方法があったら教えてください。

 

あ、でも喘ぎ声は大きいほうが好き。