やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

タイプじゃない人とのデートの時間を少しでも有意義にする方法

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20161212233555j:plain

「え、写メと全然違う、この人タイプじゃない...」

 

なんてことはアプリの出会いではよくある話。男女共通です。

出会って3秒で「不毛なデートの幕開けだ...」と悟ったことありませんか?

ぼくはブッタよりその種の悟りは開いている自信があります。

 

タイプじゃない子と一緒に歩くのってかなり苦痛ですよね。逃げたい。帰りたい。

でも、アプリでの出会いは膨大な時間を消費します。

あなたは決して少なくない時間を、今目の前にいるタイプではないハズレくん(ハズレちゃん)に費やしてきたはず。

 

だからどうせなら少しでも実りある時間にしたいとは思いませんか?

そこで今回はタイプじゃない人とのデートを少しでも有意義にする方法を考えました。

新しいお店を開拓する

今回のデートは確かに人選ミスでした。

そこはあとでちゃんと反省しよう。あなたの見る目がなかった。

でも、まだ失敗だと決めつけるには早い。

 

あなたにはまだこれからがある。今後に繋がるデートをすればいい。

行ったことないお店があるなら、ハズレくん(ハズレちゃん)と行って開拓しよう。

お店が外れでもハズレくん(ハズレちゃん)となら大丈夫。

そもそも今日の人選が外れだったのだから、お店が外れても何も問題ない。

 

逆にいいお店なら、得した気分になる。

次の機会に好みの人とデートするときに使えるから。

 

ぼくが不毛な出会いをしたときは、いつも新しいお店に悠々と乗り込む。

そうやって良さげなお店をリストアップしてきた。

 

映画を観る

映画は話さなくていいし、顔を見なくてからおすすめ。

映画に没頭している間は、余計なことを考えなくていいから。

 

ただし、恋愛ものは見ないほうがいい。

「君の名は。」を見たときのぼくのように、いたたまれない気分になる。

あの映画は彼女や好きな人と見に行くものだった。

 

それでも映画はやっちまった感を最小限にすることができるからおすすめ。

 

まとめ

・新しいご飯屋さん開拓しよう

・映画を観に行こう

・つまりは一緒に歩く時間を減らそう