やうゆイズム

「恋愛」と「モテ」と「エロ」に興味津々な人が読むブログ。

あなたの「穴モテ度」をチェック!「穴モテ女子」の特徴と男のホンネとは?

「穴モテ女子」がタイプの最低ブロガーやうゆです。

「穴モテ」とはヤリモクでしか需要がない状態を指し、男からヤリモクでモテている女子のことを「穴モテ女子」と呼びます。

Twitterで「穴モテ論争」が繰り広げられると「穴モテは非モテよりマシ」という意見と「穴モテをモテと勘違いしているのは痛い」といった意見が大抵バチバチしがちに。

 

「穴モテ」と呼ばれる状態が幸せなのか不幸なのかは人それぞれですが、大抵はネガティブな文脈で語られることが多いです。

しかし「穴モテ」は本当にネガティブなものなのでしょうか?

今回は「穴モテ女子」について徹底的に掘り下げて考えていきます。

 

自分が「穴モテ女子」という自覚がある女性や「穴モテ女子」に興味のある人はぜひ読んでみてください。

 

 

あなたは何個当てはまる?「穴モテ女子」のチェックリスト

まず最初にあなたが「穴モテ女子」かどうか診断させていただきます。

僕が独断と偏見で作った「穴モテ女子」チェックリストを使って、自分の「穴モテ度」を診断してみてください。

 

・寂しがり屋

・女友達が少ない

・男にチヤホヤされるのが快感

・セックスに貪欲

・ここ最近、彼氏が途切れたことがない

・男を「都合のいいディルド」だと思っている

・ネットで出会った人とセックスしたことがある

・新規の男と毎月セックスしている

・初回デートでセックスすることに抵抗がない

・男からデートに誘われるのは夜のみ

・2回~3回会ってフェードアウトされる

・ベッドの中では「一時でも愛されたい」と思っている

・フリフリ靴下を履いている

 

0~3個当てはまった人:処女or普通の女子

4~7個当てはまった人:エッチな女子

8個~12個当てはまった人:穴モテ女子

 

何個当てはまりましたか?

8個以上当てはまった人は紛れもなく「穴モテ女子」です。おめでとうございます。

穴モテチェックが済んだところで、ここから穴モテ女子の特徴について解説していきます。

 

あなたはどっち?2種類ある「穴モテ女子」の特徴

まず「穴モテ女子」には穴モテと自覚している「穴モテ女子」と穴モテと自覚していない「穴モテ女子」の2種類がいます。

この2種類の共通点は「ルックスの平均値は中の下くらい」「セックスのハードルは低い」の2つが挙げられますが、それぞれ「穴モテ」に対するスタンスが違うのです。

どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

自分が「穴モテ」と自覚している穴モテ女子の特徴

自己肯定感が低い

自覚ある穴モテ女子は、根本的に自己肯定感が低いです。

できれば「純粋な恋愛をしたい」と思っていますが、そもそも愛し方や愛され方が分からず自分に自信がないので、ヤリモクでも他人に求められることで、自己肯定感を満たそうとします。

 

また自分の選択を肯定するために「一時でいいから必要とされたい」という発想に至りやすいです。

 

 

「非モテ」より「穴モテ」の方がマシと思っている

「私、穴モテ女子だから…」と言い自虐風自慢に走りつつ、非モテより「穴モテの方がマシ」と思っています。

自己肯定感の低い穴モテ女子にとって一番怖いのは「誰からも求められないこと」であり、異性からチヤホヤされないくらいなら穴モテの方が楽しいと感じています。

 

自己肯定感は低いけど、自分を守るために自意識過剰になりやすいのが自覚アリの穴モテ女子の特徴です。

 

本当は穴モテから卒業したい

自覚ある穴モテ女子は、穴モテをどうにか楽しみつつも「いつかは穴モテを卒業したい」「穴じゃなくて私を見てほしい」と考えています。

なぜなら穴モテ女子がするセックスは「愛のないセックス」しかないので、必然的に「愛のあるセックス」に憧れを抱くからです。

 

自分が「穴モテ」と自覚していない穴モテ女子の特徴

自分がモテていると勘違いしている

自覚ナシの穴モテ女子は「男に求められる数=自分の価値」だと思っているので、男に言い寄られた数だけモテると思っています。

マンコバブルを自分の魅力と勘違いしているので、調子に乗って高望みしがちです。

 

とはいえ「モテる」に種類や区別をつけ出したらキリがないので、「穴モテ」も「モテ」にカウントしていいかもしれませんね。

 

自慢話が多い

自己評価が極端に高くなっているので、自慢話が多くなります。

「外人に求められるんだよね」「よく男からアプローチされるんだけどブサイクばかりだわ」と自分のモテエピソードを話したつもりが、他人から聞いたらただの「ビッチエピソード」なこともしばしば。

 

とはいえ聞いてる人は「それ穴モテだよ」と言わないので、自覚ナシの穴モテ女子の自慢話はさらに拍車がかかり、手がつけられなくなります。

 

 男や非モテ女を見下したがる

自覚ナシの穴モテ女子は「 穴がモテてる」のを「自分がモテてる」と勘違いするので、異性の文句を言い出し、同性の友達をマウンティングします。

 

そのため同性の友達が少なくなりがちで、穴目的で近寄る男と過ごす時間が増え、ますます自己評価は高くなり、やがてTwitterのアカウントで裏垢を開設し、関係を持った男のレビューを書くようになるのです。

 

俺も竿モテしたい…!穴モテ女子に対する男のホンネ

穴モテ女子に対する男のホンネはどんな感じなのでしょうか?

ここでは集まった意見の中で多かったものを紹介します。

 

「セフレとして最高」

男性からしたら穴モテ女子は物分かりがいいので、セフレとして最高の存在に。

セフレを作るときに、彼女扱いや「中身を見て」と要求してくる女性は、ぶっちゃけ「話が違うぞ」と思います。

セフレで一番大事なのは「割り切り」なので、セフレから本命昇格を狙う人は論外なんですよね。

 

「付き合うのはありえない」

ルックスや性格の相性にも寄りますが、穴モテ女子と付き合いたいと思う男性は少ないです。

女性の印象が「穴モテ」スタートだと、ずっと穴モテのレッテルが消えず、恋愛対象として見辛くなります。

当たり前ですが、本命の男性の前では「穴モテ」と自己申告しないほうが賢いです。

 

「穴モテ女子みたく俺も竿モテしたい」

恋愛市場においては女性が有利なので、女性の方が「モテる状態」が当たり前なので「穴でモテても…」「ヤりたいだけでしょ」という発想になりやすいですよね。

しかし男性はモテない人が大半でモテればなんでもいいので、穴モテしている女性を羨ましく感じます。

 

特に自分の竿を求めてくるような女性がいたら、思わず天を仰ぎ「生まれて良かった」と叫び、ムスコをポロンするでしょう。

僕も自分のドラゴンを求めてくる痴女に出会って、竿モテフィーバーしたいところです。

 

穴モテ女子を卒業するには?というか卒業した方がいいの?

最後に「穴モテは卒業して、純粋な恋愛をしたい」と思う女性に向けて、穴モテを卒業する方法を考えてみました。

とはいえ僕自身のスタンスは肯定も否定もせず「楽しいなら穴モテでも良くない?」なので、そんな強く卒業を勧めてはいないです。

 

”穴”とは別の自分の魅力を磨く

ヤリチンの僕からしたら、女性の穴はドラゴンボールより宝物です。

とはいえ僕の竿もそうなんですけど、穴っていくらでも代わりが効くんですよね。

代わりが効くもので「モテる」を作り出しても、結局大事にされないというか、本質的な「モテる」は自分にしか出せない魅力によって生まれるものかなと思います。

 

しかし自分だけの魅力があると、代わりが効きづらいので、男性に大事にされやすいです。

自分だけの魅力で惹きつけた男性は、その女性自身に興味がある訳ですから、自分では気付かなかった魅力を発掘してくれる可能性もありますね。 

穴モテ女子の穴に寄ってきた男は、穴モテ女子自身の魅力には興味ないので、どれだけアプローチしても良さをキャッチできません。

 

代わりの効く「穴」でモテても不安定なので、代わりの効かない「自分の魅力」を磨いた方が安定してモテるというのが、僕の結論です。

 

穴モテを無理に卒業する必要はない

そうは言っても、穴モテ女子が恋愛コラムで語られているような100%ネガティブなものだとは思いません。

「一時だけでも自分を求めてくれること」に救われてる人がいるなら、その人の幸せを否定する必要はないからです。

 

心の穴の埋め方は人それぞれでいいと思いますし、本気で「穴モテ」を卒業したくなったら自然と男性と会う回数も減っていきますよ。

 

消耗する感覚があったら「穴モテ女子」は卒業した方がいい

男遊びをしていて消耗する感覚や罪悪感があったら、遊びに向いてないのでやめた方がいいです。

男遊びに向いてない女性が「穴モテ女子」を自称するのは傷口に塩を塗るのと同じ。

楽しくないと「穴モテ」なんてする意味ないですから、自分の心の声をよく聞きましょうね。

 

以上で「穴モテ女子」に対する考察を終了します。

ネガティブに語られやすい穴モテ女子ですが、不幸かどうかを決めるのは本人次第です。

穴モテを割り切って楽しむならいいけど、穴モテを「自分の魅力」と勘違いするとヤケドしやすいのも事実。

 

まず大事なのは、自分が「穴モテ」かどうかの自覚を持つことだと思いました。