pairs(ペアーズ)で久しぶりに写真詐欺に遭ったので、写真詐欺の見抜き方を紹介したい

スポンサーリンク

https://twitter.com/yauyuism/status/858667531413803008

 

───みんな、俺のようにはなるな

この前、久しぶりにpairsの出会いで外れくじを引いて散々な目にあった。

写メと実物の落差が崖レベル。

しかも30歳でありながら付き合った人数1人という処女崩れで、アプリでぼくと会うのが初めてだという。

 

まず、ぼくは「経験人数が多い女の子が好き」という世間では特異な性癖の持ち主で「初めて」というワードに全く心が惹かれない。

よく男は「経験人数が少ない女子を好む」というステレオタイプなイメージがあるが、経験人数が少ない女子を好む男は、自分の経験のなさをごまかして女子をマウンティングしたいだけのダサい男だと思っている。

つまりぼくにとって、今回の出会いは「ハズレ」でしかないわけだ。

 

とはいうもの店を予約してしまった手前、もう逃げられない。

お店に向かう途中で、彼女のアプリとLINEをブロックし、一期一会の出会いを少しでも楽しもうと開き直る決意をした。

 

だが彼女はあまりにも緊張していて、こちらがどう頑張っても全く会話が広がらない。

かと思えば、お酒が回るにつれて「甘えて?」「ドMなの♡」と全く嬉しくない情報を提供してくれる。

女性から振ってきた下ネタをスルーしたのは、生まれて初めて。

別れ際にも「ハグして♡」と言われ背筋が凍る思いをした。

 

しかも、極めつけは最寄り駅まであと2駅のところで、帰りの電車が人身事故を起こしてしまい1時間かけて家に帰るハメになったのである。

このように写真詐欺の異性と出会うとろくがことがない。

 

もともと写真詐欺の見抜き方には自信があったが、最近はいい出会いしかしてこなかったせいで、油断をしていた。

今回の反省を踏まえて、さらにパワーアップしたやうゆ式写真詐欺の見抜き方を紹介する。

1.どアップ写メに気をつけろ!

顔面どアップの写メを絶対に信用してはならない。

顔が認識しやすいためアプリの補正がかかりやすく、どんなブスでもデブでも美人になれる。

化粧+写真加工という二段重ねの技術によって、誰もが深田恭子になれるのだ。

 

2.SNOWはスルー

SNOWは盛るを超えて、別人を作り出すアプリだ。

ぼくはSNOWで撮った写メに関しては、判断基準から外している。

原型を留めないレベルで加工されたら、判別のしようがないからだ。

「普通の写メ+SNOW写メ」を掲載している女の子だったら、いいねをつける対象になるが載せてる写メが「SNOWオンリー」だったら、いいねをつける対象にもならない。

SNOWの写メを載せてる男女は、SNOWの写メを使うこと自体が機会損失になっていることに気づくべきだ。

 

3.半身か全身写メを見るまで油断するな!

一番安心できる写メは、他人に撮ってもらったであろう写真だ。

特に遠くから撮った写真が一番参考になる。

なぜかというと、会うまでに一番分からない要素は顔や性格ではなく服装や体型だからだ。

顔はあんまりでも、服装や体型がそこそこだったら少なくともそのデートは苦痛の時間にはならない。

だが服装や体型が終わってたら、そのデートは会った時点で失敗だ。

そんな異性と一緒に歩くのは苦痛でしかないから、一刻も早く解散したほうがいい。

 

 

会うまで分からない要素が多いのがネットでの出会いの醍醐味でもあるが、人生とお金は有限。

写真詐欺に引っかかったら、本当に悲惨だ。

その相手と過ごす時間もお金も全て無駄なものになる。

 

出会いプレイヤーは「よかったら写メ交換しよー!目の保養にさせて😂」と提案することをオススメしたい。

大体の人はこっちの写メも見たいから、交換に応じてくれる。

応じてくれない人は、基本的に地雷だから連絡をやめていい。

 

1枚でも多くの写メを手に入れてリスクヘッジするのだ。