裸を見せるより、ブログを見せるほうが恥ずかしい

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20170122005905p:plain

最近、初対面の人に対して裸を見せるのと、

ブログを見せるのどっちが恥ずかしいか考える。

 

ぼくは裸を見せるよりブログを見せるほうが恥ずかしい系男子。

初対面の人の性別にもよるんだけど。(女の子だったらとりあえず脱ぐ)

 

ブログって自分の頭の中身を人に見せているような感覚。

それと似てて、本棚を見られるのも恥ずかしい。

ぼく自身、よく友達の家に行ったときに本棚見ちゃう。

どんな本読んでるのかな?って。

読んでる本によって、その人が「何を目指している」とか「悩み」がちょっと分かる。

本棚に人の内面が出る。

 

ブログはさらに人の内面が出る。

なぜなら、ブログはその人のアウトプットの集大成だから。

何かを発信する人って伝えたいことがあるから発信する。

何かを伝えて、何かを動かしたい人がブログを始めるんだと思う。

 

裸になっても、せいぜい恥ずかしいところって3箇所くらいじゃん?

それとも、4箇所くらい?

ぼくはむしろ見せたいところがひとつあるくらい。

あ、ハプニングバーで裸になったけど、意外と恥ずかしくないよ。

一方で、ブログは頭の中身を見せているから、はてしない。

頭の中身は、いくらひっぺかしても全部裸。裸より裸。恥。

 

恥ずかしいと分かっていながら、ブログをやり続けるのは、

恥ずかしいよりも伝えたい気持ちが強いから。

性欲より伝えたい欲。ものすごく淫らな感情。

伝えたい欲が強くなると、知りたい欲も強くなる。

 

1つでも多くのことを知って、1つでも多くのことを伝えたい。

 

以上、50記事目の締めくくり。