やうゆイズム

貞操観念が低めなブログ

【書評】ホリエモンの「君がオヤジになる前に」は20代のバイブルだった

スポンサーリンク

前々から紹介したかった、堀江貴文さんの『君がオヤジになる前に』。

2013年発売ですが、今でも通用する内容です。

20代の社会人や大学生におすすめな一冊。

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に

 

 オヤジ=思考停止

若者のオヤジ化が進んでいる。

オヤジとは、あらゆることを良い方向に導こうと努力することを放棄した存在。

オヤジ化が進んだら、身体の衰えとリストラと死の恐怖に、びくびく怯えながら小さくなって生きるのみ。

ここでいいやと満足したら、思考停止が始まる。色々なことに興味を持って、触れ続けていれば、知識が増える。

皮膚感覚で嫌なものは絶対に断るべき。「大人になれ。後でいい思いをさせてやるから」という甘い誘惑で、オヤジ達は若者から「嫌」の感覚を奪っていく。危険な洗脳。

ゆとりに身を委ねることでしがらみやモラルに絡めとられ、新しいチャレンジが出来なくなるという危機感。

安らぎは、人の思考を止める。思考を止めれば、成長はしない。成長しなければ歳をとるのが早まる。

本書は「オヤジ」と「思考停止」がキーワードになります。

「より良く生きるにはどうしたらいいか」を全力で考えることの大切さ。

主体性と向上心を持たないと、不平不満を撒き散らすだけの存在になる。

そうならないための考え方を本書では書いています。

とにかく思考しよ、思考!

 

20代

20代が一番の働き盛り。人生で起きる成功をあと数年で全てやり遂げるくらいの気持ち。

20代で一定の成功体験を重ねておけば、その後の人生で追い込まれた時、強い自信になる。

思考をより濃密にして、過ぎていくチャンスを自分でせき止める。

1社に居続けていいことなんて何も無い。変わり映えのない人間関係とルーティンの仕事の中で、年功序列的に偉くなるのは危険なこと。

このあたりが今の自分にタイムリーだったので、ハッとしました。

30代40代になってから「あれしたいな、これしたいな」じゃなくて、

「今、全部やってやる!」という気持ちを持たないといけないな、って。

そのくらいのスタンスじゃないと、30代40代になっても何もできなそう。

昔は「そこそこの暮らし」をするにはそこそこ頑張れば良かったけど、

今の時代に「そこそこの暮らし」をするには「そこそこの頑張り」じゃ効かなくなってる気がする。

だから、今からやっていかないとね。

 

大切なのは行動すること

自分の思考で情報をリサーチして、素早く行動を起こす。

この時代に必要なのは、行動と提案。

とにかく提案しろ。思考しろ。「知らない、めんどくさい、やり方を替えたくない」は情報弱者。

情報を得ろ。無知でいるな。

情報が君の豊かなクリエイティビティを支える。

アイデアよりも圧倒的に大事なのは実行力。

今の時代に斬新なアイデアはもう出てこない。

先人達が苦労してやってきたことを、組み合わせて形にまとめることしか出来ない。

考えたことを努力して、形にした人が評価される。

大事なのは主体的に情報を得ること。そして何よりアウトプット。

映画「何者」でも瑞月が隆良に言ってます。

「十点でも二十点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと、点数さえつかないんだから。」と。

自分の中に蓄えてるだけじゃ人の心は動かせない。

 

より高い場所へ行くには

努力して、高い場所に届いた者だけが得られる体験がある。

体験は人を強くも、賢くもする。体験をした者は、新たな体験をするためにまた、次の努力が出来る。

成功を重ねて、自分がレベルアップしていく時、古い仲間は切り捨てていい。自分が高いレベルにいるのなら、自分と同じかそれ以上のレベルの人間と付き合わねば、より高い場所へ行くことは出来ない。

夢を抱くなら、自分の内なる欲求よりも、他人をあっと驚かせることに軸を置いた方が、夢を追う道筋が楽しくなる。

見果てぬ高い場所へ行きたいなら、どん底でのたうって、大切に大切に守ってきた宝物を捨て去る勇気が必要。

ぼく、まだ高い場所に届いたことがないので「そうなんだ...」としか言えないんですよね...つらみ。

いつか高い場所に到達するために、大切なものを捨てるという選択を迫られることがあるのだろうか。

 

孤独

失敗から抜け出せない、負のループが止まらない人は、寂しさへの耐用力が低いだけ。寂しいのが嫌だから、家族や仲間にすがる。

負のループを断ち切りたいなら、自分の孤独と真剣に向き合うべき。逆境は我慢とあがくことでしか乗り越えられない。そうしていればいつか必ず乗り越えられる。

人生を下がって、どん底のさらに下まで、落下し続けると何かが見える。突き抜けるのは、何も上からではない。壁を突破するのは、地面の下からでも可能。

脱皮したければ、自ら苦しい状況に追い込んで耐え抜かねばならない。脱皮するために自己否定を繰り返す。

気分がどん底の時は、とことん落ちていったほうが立ち直りが早い。

どうしようもないときに家族や仲間に相談するのは悪いことじゃない。

だけど、乗り越えるのは自分自身。

「他人にどうにかしてもらおう」なんて思ってたら一生乗り越えられない。

1人で孤独と向き合う時間が大切。

 

ぜひ、20代の方読んでみてください!

 

より良く生きるためのヒントがたくさん載ってます。

 

君がオヤジになる前に

君がオヤジになる前に