やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

人生もペアーズ(pairs)も「強み」を活かすことが大事だ

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20170318124935j:plain

 

「これからの時代は、自分の強みを活かすことが大切だ」

「強みを活かすには、まず自らの強みを知ることが大切だ」

 

プロブロガー様たちのブログで見られる謳い文句だ。

こういった文言が並ぶときは、必ず「ストレングスリーダーシップ」やリクナビの「グッドポイント診断」のアフィが貼られている。

確かに伸びしろが見込めない短所を補うよりは、自分の長所を伸ばしたほうが替えの効かない人材になれるはず。

そのためにまず自分の強みをまず知ること、その強みを伸ばす努力をすることが大切だ。 

マッチングアプリの出会いにおいても、自分の強みが分かっている人は強い。

まず、あなたが異性に対してアピールできる強みは何か、考えてみてほしい。

外見、内面、年収、ステータス、車、おっぱいetc...

思いついた強みを嫌味じゃない形で、どう分かりやすくアピールするか。

マッチングアプリでは、自分で自分のカテゴリを設定することが大事。

なぜなら、相手がイメージしやすい形で自分の魅力を伝えられるからだ。

 

例えば、ぼくの場合。

ぼくが自分の強みを理解したのは、アプリを始めてしばらく経ってからだ。

「いいね!」をくれる女性たちの好みが「塩顔」か「韓国人」だったことから、自分の外見は「塩顔」か「韓国人」好きにウケることが分かった。

だからプロフィールの文章に「一重です。笑うと目が無くなるのが悩みです。」と書いてみたり、pairsでは塩顔や韓国人好きのコミュニティに入って自分の塩顔っぷりをアピールした。

その結果、塩顔好きの女性から舞い込む「いいね!」の嵐。

pairsでは「いいね!数」を160前後をキープしている。(かなり多いほう、、なはず)

「選ばれる立場」から「選ぶ立場」になれたのはすごく大きい。

 

自分の強みをどれだけ理解して、惜しみなく活かすことができるか。

その大切さは人生においても、マッチングアプリにおいても変わらない。

 

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう