やうゆイズム

好奇心が旺盛すぎるブログ

「レセナ ドライシールドパウダースティック」でわきのニオイから解放された話

スポンサーリンク

「ゆうくん、わきくさーい。」

 

高校時代、付き合っていた女の子からベッドで腕枕をしているときに、

無邪気に言われた一言である。

それ以来、ぼくは異常なほど体臭に気を遣うようになり、自他共に認める「清潔感」というモテるには欠かせない鎧を手に入れた。

 

ぼくの理想は「朝から晩まで、お風呂あがりのような清潔感を保つこと」だ。

もちろん無理だというのはわかってる。

男女問わず、人間は「くさくなって、当たり前」の生き物である。

仕事おわりのくたびれたサラリーマンも、ぼくの大好きな深キョンも同じようにくさくなる。

ちがいは、どっちのパンツがほしいかだ。

ただ自分のことになると、その「当たり前」も忘れがちになる。

「このくらいやっておけば十分だろう」という最低ラインを想定した準備では、1日を乗り切ることはできない。

...ぼくが求めているのは、「清潔感」ではなく「清潔」なのかもしれない。

 

しかし、ぼくを理想に近づけてくれるアイテムと出会うことができた。

今回紹介するのは、僕をわきのニオイのストレスから解放してくれたアイテムだ。

「レセナ ドライシールドパウダースティック」である。通称:脇の下の番人

 

f:id:yauyuism:20161001181704j:image

 

ぼくは、こいつを5年間愛用しつづけている。

ありとあらゆるデオドラントグッズをつかう中で、

いちばん大切だと思ったのが「汗に流されない」こと。

そのために直塗りタイプなのは欠かせない。スプレーは汗に最弱だ。

レセナはとにかく汗に強い。

朝つけて、たくさん汗をかいて、夜お風呂に入る時にもまだわきに残っている。

しかも、においもしない。インナーのにおいを嗅いでもだ!

 

一方、デメリットはコスト面だ。

・値段が1000円前後と高い

・一ヶ月程度でなくなる

 

僕はレセナに出会ったおかげで、わきのニオイに関するストレスからすべて解放された。そのためのコストならむしろ安いくらいだと感じる。

汗をたくさんかく人、わきのニオイに悩む人は絶対におすすめ。

 

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性 20g

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性 20g

 

 

--次回予告
「レンタル彼氏で働きたい」