【18禁】女友達とハプニングバーに行ってきた話

スポンサーリンク

f:id:yauyuism:20170122004323j:plain

先日、社会勉強のために女友達とハプニングバーに行ってきました。

 

ハプニングバーとは、性的にいろいろな趣味を持った男女が集まり客同士で突発的行為を楽しむ、バーの体裁をとった日本の風俗。ハプバーなどと略される。

ハプニングバー - Wikipedia

 

 

さっそくハプニングバーの行き先調べてみるも、HPには住所載ってないのね。

どうやらお店に直接電話して、道を教えてもらうという仕組みらしい。

そんなRPGみたいなシステム、おいらなんだかワクワクしちゃうぞ。

ドキドキしながらホームページに書かれた番号に電話すると、明るい女の子の店員さんが応対してくれた。なんだか安心。。

店員さんに電話で道を案内してもらうと、指定された雑居ビルを発見。

インターホンを押して、ついにぼくは異世界への扉を空けるのであった。

 

扉を開けると、いきなり乱痴気パーティかと思いきや予想外。

普通の居酒屋と変わらない賑やかなお客さんの声。

 

さっそく店長からハプニングバーの掟について説明を受ける。

 

守らない奴には明日は来ない。ハプニングバー鉄の掟

・やってもやらなくてもどっちでもいい。

・見てるだけでも全然いい。

・無理矢理はもちろんNG。互いの合意の上ですること。

・カップルで入店する際は、カップル同士じゃないと交わってはいけない。

・ただし、男2女1の3PはOK。男1女2の3PはNG。

・ゴムは必ずつけること。

・店内の写真撮影は禁止。カウンター以外で携帯いじるのは禁止。

・連絡先の交換も禁止。

・料金は男性:13000円 カップル:6500円(2人で) 女性:無料

 

つまり、ぼくがムフフな思いをするには女友達と一戦かまさなければならない。

これは大誤算だった。まぁカップル料金で入店してるから当然か。

 

ついに異世界へ

説明が終わってついに入店!

わかめちゃんみたいなキワどい格好の店員さん(女の子)にソファーへ案内される。

ぼくたちが座ったソファーの隣では、上半身裸の男女が抱き合っていて、

「これがハプニングバーのハプニングか、、、」と女友達とアイコンタクト。

 

店内は、お酒を飲むスペースとプレイルームをカーテンで仕切られていて、

プレイルームをカーテンの下から覗き込む分には良いらしい。

 

しばらくドリンクを飲んでいると、常連さんらしき男性が声をかけてきた。

今日来た経緯を話したり、おすすめのハプニングバー、カップル喫茶などの説明をしてもらった。

3人でしばらく会話をしていると3Pしない?と言われるも、やんわりと拒否。

ぼくは女友達としたくて来たわけじゃない、、他のスケベなお姉さんとしたくて来たんや!

 

しばらくすると、常連のお姉さんがぼくたちのソファーにやってきた。

これはチャンスだー!!!と息巻くぼく。

意気揚々とあれこれ話しかけるも、全く相手にされない。

その間も、プレイルームから聞こえるいやらしい声。

ぼくらのソファーの隣でイチャイチャしていた上半身裸のカップルも、すでにカーテンの向こう側。

このカーテンの向こう側に行きたい、、

このカーテンの向こう側に広がるのは夢にまで見たエデンの楽園。

男と女が生まれたての姿になる煩悩のサンクチュアリ。

 

しかし結局、この日は夢にまで見たカーテンの向こう側に行くことは叶わなかった。

傍観者で終わってしまったやうゆ。

 

以下ハプニングバーで思ったことまとめ。

楽しかったこと

 ・男女6人で野球挙をしたこと。そして、あえなく全裸になったこと。

・めちゃくちゃイケメンのゲイのバーテンダーさんに可愛がられたこと。

 危うく道を踏み外すところだった。

・常連のお姉さんに色々触られたこと。(でもお酒飲んでて反応しなかった、無念)

驚いたこと

・常連のお姉さんの中にはプレイルームに3回出入りする強者がいたこと。たまらん。

・常連になれば、ハゲかけたおっさんでもモテモテになること。

・AVで見たことあるお姉さんがいたこと。速攻で男の人とお店に出ていった。声かければ良かった。

まとめ

・ハプニングバーは異世界だった

・意外と安全!

・女友達と行く場所では無かった

・次は1人で行きたい

 

サガミオリジナル 0.01 5個入

サガミオリジナル 0.01 5個入

 

 

--次回予告
「飲み過ぎ注意」