女の子の”最強モテテク”は「愛嬌」だと思う

恋愛メディアで仕事をやっていると女の子のモテテクに関する記事を編集する機会が多い。 モテテクには「上目遣い」や「ボディータッチ」といった定番のものや「浴衣でうなじチラ見せ」などシチュエーションに応じたテクニックまで数多く存在するが、僕が考え…

”自己犠牲”はゴミ!人は「他人の幸せ」よりも「自分の幸せ」を考えるべき

僕が理解しがたい日本の風習の1つに「自己犠牲の精神が美徳」がある。この国では「自分の幸せより他人の幸せを願うのが尊い」と考える人が多い。 「他人が幸せになれば、巡り巡って自分に幸せが舞い込んでくる」という考え方なのだろうが、僕はそうは思わな…

男は「ドキドキさせる男」と「勘違い男」のギリギリを攻めないとモテない

ある程度遊んでいる女の子の共通認識に「テクニック自慢をする男、俺うまいんだぜアピールをする男は総じて地雷説」というものがある。 人間は鏡に映る自分を美化して見てしまうように、自分のことを客観的に見れないのがデフォルト。特に男は女性よりも自分…

渡すお小遣いは1回3万円!27歳女性が語る「パパ活」ならぬ「ママ活」の魅力とは

今やすっかり市民権を得た「パパ活」。 体の関係を持たない援助交際のことであり、女の子は「パパ」であるおじさんとデートをして”お小遣い”や”プレゼント”を貰う。 このブログでも以前、パパ活女子を取材してパパ活に関する記事を書きました。 僕は「パパ活…

地方から上京して2年目の僕が考える東京に住むメリット5選

僕は静岡で18年間暮らし、山梨で4年間暮らし、今は東京に住んで2年目に突入しています。 地方に住んでいた頃は、東京に対して以下のようなイメージを抱いていました。 「とにかく人が多い」 「冷たい人が多い」 「お洒落に疎い田舎者は容赦なく迫害される」 …

まだ”田舎”で消耗してるの?上京2年目の僕が考える「田舎の嫌いなところ」5選

僕の中でプロブロガーに対する素朴な疑問がある。 「なんでみんなして田舎に行きたがるんだ?」 ※特に高知 田舎で生まれ育った僕からしたら、なんでわざわざ便利な都会での暮らしを捨てて不便なド田舎へ移住したがるのか理解できない。 この便利な時代にあえ…

「セックスは一番のコミュニケーション」経験人数200人の”おっさんマニア女子”が語るセックス観とは

僕は自分の哲学を持っている人が大好きです。 世の中の「こうあるべき」という一般論に流されず、自分の頭で考えて生きてるのってめっちゃかっこよくないですか? 今回、紹介させて頂くのは自分の哲学に基づいて日夜セックスに励む「真のおっさんマニアちゃ…

施術中に脱糞!?現役脱毛サロンスタッフが語る「嫌な客」BEST3

僕の友達に脱毛サロンで働いているみほちゃん(仮名)という子がいます。 みほちゃんは職業柄、女性の裸を見る機会が多いです。 女好きが高じて恋愛メディアの編集者になった僕からしたら、お金をもらって女体を観察できるのは何とも羨ましい限り。 お金をも…

セフレは「作るもの」ではなく「気がつけばそこにある」もの

性に飢えた多くの男が、できるだけ多くのセフレを確保してヤリたい時にいつでもヤレる環境を作ることに躍起になっている。 僕自身もセフレを多くストックしておきたいという俗っぽい願望は少なからずあった。だが実際には、目の前にいる子を「セフレ認定」し…

僕のモチベーションの源泉は「女の子」である。

「あなたのモチベーションの源泉はなんですか?」 就活のときに耳にタコができるくらい聞かれた質問である。 初めて、僕はその質問に答えられなかった。

カップルで一番大切なものは「体の相性」だと思う

外見、性格、思いやり、相性、価値観…。 カップルが付き合っていく上で一番大切なものは、人それぞれ違うと思う。 僕が一番大切だと考えているのは「体の相性」だ。 体の相性が合うカップルはうまくいくし、大体の困難は乗り越えられるし、喧嘩してもセック…

宣伝会議の「編集者・ライター養成講座」を半年間受講した感想

headlines.yahoo.co.jp 宣伝会議の不誠実な対応が世間を騒がせているので、僕が宣伝会議の講座を受講した感想を書こうと思う。

「ICE BOX×氷結」をキメたらあまりに美味しすぎてダメ人間になった話

www.yauyuism.com 食べ物は組み合わせ次第で、本来のポテンシャル以上を発揮する。 いぶりがっことクリームチーズがいい例だ。 そして僕は、またもや合法的な麻薬を見つけてしまった。

辛いとき、ブログは最高の癒やしになる。

www.j-cast.com 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが「ブログ書きすぎ!」と批判を受けているが、僕はむしろたくさん書くべきだと思う。 ブログには癒やしの効用がある。 自分の思いを言語化することは、ぐちゃぐちゃになった思考を整理するのに有効だ。 心のモヤ…

モテない人と付き合ってはいけない理由

モテない人と付き合ってはいけない理由1.期待されすぎる2.加減を知らない3.押し付けがましい4.判断基準が自分の考えではなく世間の声5.別れ話がこじれる— やうゆ (@yauyuism) June 15, 2017 モテる人とモテない人、付き合うならどちらを選ぶだろうか? よく…

10代~20代におすすめしたい本5選

2017年は「毎月5冊本を読む」という目標を掲げて読書してます。 今回は2017年1月~6月の間に読んだ本の中から、10代~20代が読んだら響くおすすめ本をご紹介。 読書慣れしてない方でもサクッと読めてなおかつエキサイティングな本ばかりなので、ぜひ読んでみ…

女の子をお持ち帰りするたった1つのコツは「一緒にいたい」と伝えることだ

女の子と夜アポが取れたら、どうにかして”お持ち帰り”したくなるのが男の性。 僕もこれまで100人近くの女性とインターネットを通じて知り合い、お持ち帰りを巡る攻防戦を幾度となく繰り広げてきた。 この戦いに身を投じる中で悟ったのは、女の子には「一緒に…

ブログを始めて1年が経ちました。読んでくださる皆様に感謝。

早いもので、ブログを始めてから1年が経ちました。 こんなエッチなブログを読んでくださる皆様、ありがとうございます。 www.yauyuism.com 一番最初に書いた記事がこれ。 この記事を書くまで僕はずっとNAVERまとめユーザーで、ブログのイロハなんて全く分か…

読書が続かない人向け!カジュアルに本と付き合う方法

読書が大事なのは分かってるけど、なかなか続かない人は多いと思う。 子供時代から本を読み続けてきた人は息を吸うのと同じように本と向き合えるだろうけど、僕みたいな20歳過ぎてから本格的に本を読み出すようになった人は特に挫折しやすい。 僕自身、「1ヶ…

サイゼで「他人にドタキャンされる原因は自分にある」と思った話

───出会いの数だけ、ドタキャンされる数も増える(やうゆ 1993~) 僕ほどドタキャンされ慣れてる男はいるのだろうか。 元カノに8回連続でドタキャンされても付き合い続ける人間はあまりいないと思う。 ドタキャンされるたびに彼女に対する信頼度のパロメー…

【実例付】マッチングアプリにおける最速LINE交換術【もうすぐnoteで有料化】

マッチングアプリを始めて早1年半。 これまで出会った女性はおそらく100人を超える。 この新時代のおもちゃは僕に数多くの貴重な出会いを与えてくれた。 これまでLINE交換をした人数は1000人を超えて2000人に到達すると思う。 そしてLINE交換をしたほぼ同じ…

一口食べればユートピア!「いぶりがっこ×Kiriクリームチーズ」を食べずして人生は語れない

今週のお題「家飲み」 秋田名物の「いぶりがっこ」を知っていますか? 簡単に言えば燻製したたくあんで、これがめちゃくちゃ美味しいんです。 たくあん特有のパリッとした歯ごたえと燻製のスモーク感が唯一無二の風味を作り出しています。

「男のパイパン」のメリット・デメリット!23歳男が”3ヶ月パイパン生活”を過ごした感想

3ヶ月パイパン生活を過ごして分かった、男のパイパンのメリット・デメリットの紹介です。

ホリエモンの「多動力」を読んだ感想。

ホリエモンの新作「多動力」を読んだ。 相変わらずのホリエモン節が炸裂していて、「これが読みたかった」という感覚。 ホリエモンの本は、どの本もだいたい同じことが書いてあるのに読んでて飽きないのがすごい。 サクっとおいしいところを紹介します。

某有名劇団に所属する舞台女優の元カノに秒速でフラれた話

今の時代は舞台女優も出会い系アプリをやる時代なんです。 アプリで出会って付き合った女の子の中に、有名な劇団に所属する舞台女優のみさちゃん(仮名)がいた。 性凶器と呼ばれるぼくとしては珍しく健全デートを3回続けた後に、ぼくが告白し付き合うことに…

大学の同級生にfacebookでアムウェイの勧誘をされた話

大学で同級生だった男の子からFacebookのメッセージがきた。 ぼくは「ブログやってるよ!」 と返答。 彼もブログやってるのかな?それかブログ始めるから聞きたいのかな?と思っていると驚きの返事が返ってきた。

整形したの?と言われるくらい効果抜群な「簡単小顔エクササイズ」を紹介する

20歳の頃から続けてきた、とっても簡単なのに効果抜群な小顔エクササイズを紹介したい。 これから紹介するエクササイズは顔のシェイプアップ以外にも自然な笑顔が作れるようになる、目の彫りが深くなるなど効果は折り紙つきなのでぜひおすすめ。

「ヤリモクでしょ」と言う女の子は「自分の魅力は穴だけ」と主張してることに気づかない

「どうせヤリモクでしょ」「体目当てでしょ」 ぼくが女の子と出会うようになってから、一番思われてきた言葉かもしれない。 「ヤリモクでしょ」という女の子の心の扉をあらゆる角度から丁寧に丁寧にノックして女の子から自発的に扉を開けていただくのがぼく…

人は似たもの同士と恋に落ちる

ブサイクがよく美女を連れていたり、ブスがイケメンと歩いている様子を見かけるという人は多いだろう。 それは物珍しいから目を引きやすいだけで、ほとんどの男女は自分と似たもの同士の異性とくっつくようにできていると思う。 モテたい人は、まずこのこと…

本物の美人を見ると無力感に襲われる

ぼくは美人が苦手だ。 街を歩いていると一目見ただけで心を奪わられて思考停止するような本物の美人を見かける。 見かけたのが普通の女の子ならばぼくはバレないようにガン見するが、本物の美人はその余裕すら与えてくれない。 本物の美人を見かけた時のぼく…