女の子をお持ち帰りするたった1つのコツは「一緒にいたい」と伝えることだ

女の子と夜アポが取れたら、どうにかして”お持ち帰り”したくなるのが男の性。

僕もこれまで100人近くの女性とインターネットを通じて知り合い、お持ち帰りを巡る攻防戦を幾度となく繰り広げてきた。

この戦いに身を投じる中で悟ったのは、女の子には「一緒にいたい」とストレートに伝えるのが一番ということだ。

 

下心をむき出しにするのも終電を待つのもナンセンス。

あくまで「一緒にいたい」という純粋な自分の気持ちを伝えるのがポイント。

この手法による今までの成功率は80%前後。

2人に1人以上はお持ち帰りに成功している。

 

今回はモテない男がお持ち帰りに失敗する理由と、僕が女の子を「お持ち帰り」する上で大切にしていることについて説明したい。

 

続きを読む

ブログを始めて1年が経ちました。読んでくださる皆様に感謝。

 

f:id:yauyuism:20170625205207j:image

 

早いもので、ブログを始めてから1年が経ちました。

こんなエッチなブログを読んでくださる皆様、ありがとうございます。

 

www.yauyuism.com

一番最初に書いた記事がこれ。

この記事を書くまで僕はずっとNAVERまとめユーザーで、ブログのイロハなんて全く分からなかったけど1年経ってみると少しは自称”お持ち帰りブロガー”の貫禄が出てきたのだろうか。

 

ブログのおかげで念願のweb編集者になれたし、ブログを始めて良かったと心から思っている。

しかも恋愛メディアの編集だから、ブログでやってたことがそのまま本業になった感じ。

四六時中、恋愛のことや女の子のこと、エッチなことを考えていられるのでまさしく僕のためにあるような仕事に就けて毎日幸せ。

www.yauyuism.com

僕はブロガーになりたかったというよりも、編集者になるための手段の1つがブログだったので、編集の仕事に就けたらブログはさっさとやめるつもりでいた。

でも今はブログが新しい世界と出会いを見せてくれるとっても素晴らしいツールだと分かったので、はてなProを更新する気満々である。

 

文章を書き続けるという行為は苦しいときもたくさんあるけど、自分の心のモヤモヤを言語化していくのはやっぱり気持ちいいしスッキリする。

これからも自分を癒やすために文章を書いていきたい。

 

2年目の目標は”pairsで絡んだ女の子に「もしかしてやうゆイズムのやうゆさんですか?いつもブログ見てます!オフパコしましょう!」”と言われることです。

 

次の1年もよろしくお願いします。

僕が”菅田将暉”ならドタキャンされてない

 

───出会いの数だけ、ドタキャンされる数も増える(やうゆ 1993~)

 

僕ほどドタキャンされ慣れてる男はいるのだろうか。

元カノに8回連続でドタキャンされても付き合い続ける人間はあまりいないと思う。

ドタキャンされるたびに彼女に対する信頼度のパロメーターがどんどん下がり、約束の価値がうんこ以下になっていくのを肌で感じた。

 

マッチングアプリでのデートも常にドタキャンの恐怖との戦いだった。

デート当日になって「今日○時に○○駅によろしくねー!」とLINEしていつまで経っても既読がつかないなんてことはざら。

事前に「今日行けなくなっちゃったー!」と言ってくれる子が天使に見えてくるものだ。

 

続きを読む

一口食べればユートピア!「いぶりがっこ×Kiriクリームチーズ」を食べずして人生は語れない

今週のお題「家飲み」 

 

秋田名物の「いぶりがっこ」を知っていますか?

簡単に言えば燻製したたくあんで、これがめちゃくちゃ美味しいんです。

たくあん特有のパリッとした歯ごたえと燻製のスモーク感が唯一無二の風味を作り出しています。

 

続きを読む

「男のパイパン」のメリット・デメリット!23歳男が”3ヶ月パイパン生活”を過ごした感想

一般的に言えば、女性がパイパンにするのは珍しくないが、男がパイパンにするのは珍しいと思う。

だが男である僕がパイパンになってから3ヶ月。

パイパン生活は予想以上に快適で、もう戻れそうにない。

 

男である僕がパイパンにしようと思ったキッカケは、一戦交えた女の子から言われた一言だった。

「やうゆくんのち○ち○、なんか臭いよね」

 

この言葉を聞いたとき、ぼくは思わず逝きそうになった。

僕は何よりも清潔感を大切にしている。

清潔感のない人間を散々disってきた僕のち○こが臭いだなんて許されない…。

「ち○こは臭くて当たり前、でも僕のち○こはまだマシなほうだよ」と心のどこかで考えていた自分の傲慢さが招いた結果である。

 

女の子が帰った後、自分の傲慢さを反省したぼくは即パイパンにした。

小学生以来の無毛ち○こを見て、思わず股間だけタイムスリップしたようなエモい気分に。

───久しぶり。

どこからともなく懐かしい声が聞こえたような気がした。

 

今回はパイパンにしてから3ヶ月が経ったので、男のパイパン生活の感想を紹介したい。

  • 男がパイパンにするメリット
    • パイパンにしてから股間が匂わなくなった
    • パイパンにしてから洗いやすくなった
    • パイパンにしてから感度が上がった
    • 「男のパイパン」というマイノリティによる優越感を得た
  • 男がパイパンにするデメリット
    • 股間がかゆい
    • 温泉や銭湯が恥ずかしい
    • 女の子から「遊び人」扱いされやすい
  • どうやって男はパイパンにするの?
  • 男のパイパンに必要なお手入れとは?
  • トータルで見て「男のパイパン」は快適
続きを読む