やうゆイズム

モテたい人が読むブログ。

大学の同級生にfacebookでアムウェイの勧誘をされた話

大学で同級生だった男の子からFacebookのメッセージがきた。 ぼくは「ブログやってるよ!」 と返答。 彼もブログやってるのかな?それかブログ始めるから聞きたいのかな?と思っていると驚きの返事が返ってきた。

実家暮らしの女性が結婚できない4つの理由

ぼくはアラサーのお姉さんがすごくタイプです。 でも、これまでいろんなアラサーのお姉さんと関わってきた中で、お姉さんには2種類いることが分かりました。 自分の頭で考えて生きてきたお姉さんと、精神的に幼稚で無駄に歳を重ねただけのお姉さん(笑)で…

第二新卒がブログをきっかけに転職した話

3月からweb編集の仕事に携わっている。 編集者になるために始めた「やうゆイズム」。 待望の瞬間は思ったより早くやってきた。 こうして夢を叶えることが出来たのは、拾っていただいた会社とブログのおかげ。 だが、ここまでの道のりは決して平坦じゃなかっ…

はあちゅうの「言葉を使いこなして人生を変える」を読んだ感想。

この1年間できるだけ読書の効果を高めたくて、 付箋を貼る 印象に残った言葉を、iPhoneのメモ帳に書き込む ページの端を折る(ドッグイヤー) など、試行錯誤を繰り返してきた。 だが付箋を貼るのは、それ自体が目的になりそう。 メモ帳に書き込むのはいちい…

水野敬也の「LOVE理論」を読んだ感想。

前回の「ぼくは愛を証明しようと思う」に続き、今回も恋愛ノウハウ本の書評である。 ぼくは最近まで、恋愛系の本をほとんど読んだことがなかった。 非モテ時代だった頃、2ちゃんまとめでモテる方法について必死に研究していた日々もあったけどほとんど我流。…

藤沢数希の「僕は愛を証明しようと思う」を読んだ感想。

ぼくは愛を証明しようと思う。 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/06/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 前から読みたかった藤沢数希の「僕は愛を証明しようと思う」。 藤沢数希が提唱する「恋愛工学」は女の子にモ…

パパ活女子に聞いたパパ活の現実が、意外と辛かった

パパ活とは「体の関係を持たない援助交際」だ。 美味しいご飯に連れていってもらえて、お小遣いももらえる。 女の子にとって、こんなおいしい話はない。 ぼくが女の子だったら、パパ活でプール付きの家を建てているだろう。 お仕事終わりに銀座でご飯食べさせ…

山田ズーニーの「伝わる・揺さぶる 文章を書く」を読んだ感想。

山田ズーニーさんの「伝わる・揺さぶる 文章を書く」は長年のベストセラー。 この本には、自分の想いを文章で表現するために必要なことが全て書かれている。 とっても伝わるし、揺さぶられますよ(ボキャ貧)。 著者の山田ズーニーさんはベネッセの進研ゼミ…

東村アキコの「かくかくしかじか」を読んだ感想。

東京タラレバ娘の作者、東村アキコ先生の自伝漫画「かくかくしかじか」を読んだ。 かくかくしかじか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: 東村アキコ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/04/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 中学…

男が「最初の男」になりたがるのは、”過去の男と比較されたくない”から

渋谷の居酒屋で飲んでいたときのこと。 隣のテーブルにいた男の子たちから「ファーストキスがほしい」や「処女を奪いたい」といった発言が聞こえたとき、ある言葉を思い出した。 「男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる」 劇作家のオスカー・…