ネットで出会う時は”相手を見極める作業”を怠ってはならない

先日、こんなツイートが流れてきた。

どうやらTwitter経由でオフパコしたものの、散々な目に遭ったらしい。

よほど外れくじを引いてしまったのか、怒りが収まりきらず晒し上げるまでに至ったようだ。

確かにナルシストでプライド高くて空気読めなくて対応も雑な人との出会いが楽しいとは思えないし、相手が嫌がることをしたり避妊に関してルーズなのもしんどい。

もし自分が同じ立場になったら、相手を地雷認定し、「これでもか!」と相手に対する怒りや怨念をブログ記事やツイートのネタにして発散したくなるだろう。

 

だが元々、出会いというのは不確定な要素が多い。 

「出会いこそ人生の宝探し」と言うように、学校・職場・ナンパ・合コン・出会い系・Twitter…出会った場所に問わず、出会いとは出会う瞬間まで分からないギャンブルのようなものだ。

人はいい出会いを「運命」と呼び、残念な出会いを「無駄な時間」と呼ぶ都合のいい生き物でもある。

 

最近は改めて「ネットの出会い」が危険なものとして語られるようになっているが、「ネットの出会い」はナンパや合コンと違って、いきなりエンカウントするのではなく相手を見極める猶予が与えられていると思う。

「ネットの出会い」におけるメリットはツイートのチェックやDMやLINEのやり取りや通話など、会う前に「会って大丈夫かどうか」を時間をかけて吟味できる手段があることだ。

この側面だけを見たら、リアルでの出会いよりネットの出会いの方が実はリスクヘッジできる要素がある。

 

僕はこれまでネット経由で300人以上の女性と出会ってきたが、「会わなきゃ良かった…」と後悔したのは、性欲に負けて”相手を見極める作業”を怠ったときだ。

いくらムラムラしているとはいえ、とんでもないブスが待ち合わせ場所に来たら、僕のいきり立ったチョモランマはあっという間に高尾山になるし、一緒にいるうちに「一緒にいたらヤバい人だ…」と思ったらお持ち帰り→ハメ倒す展開から一次会で健全解散する展開にシフトするだろう。

 

特に異性と会い、目的が”オフパコ”だった場合は、尚更リスクヘッジが大事だ。

レイプや美人局など犯罪行為は警察に通報するべきだが、実際起こり得るのは法で裁けないことの方が多い。

以前「ナンパ師」に関する記事で書いたように、自分を守れるのは自分だけであり、20歳を過ぎた大人には、あらゆる選択に”自己責任”という言葉がつきまとう。

どんな残念な出会いも、最後に出会う選択をしたのは自分なんだ。

 

相手を責めるのは大いに結構だが、一方的な被害者意識を持つと自分が加害者になるリスクを生む。相手に攻撃した分は自分に返ってくる可能性があることを忘れちゃいけない。

また過剰な被害者意識は、第三者の同情を買うどころか返って批判を買うことに繋がりやすい。

 

理不尽な目に遭った時は、人のせいにするより自分の落ち度をできるだけ多く探したほうが、長い目で見てプラスになるはずだ。

どんなにムラムラしていても、相手を見極めることを怠ってはいけない。

出会いのハードルが下がった今、次に考えるべきは「出会う相手を選別し、”会って良かった”と思える出会いを増やしていくこと」なのだと思う。

自分が”本命”かどうかは、恋人が自分にかけた「時間」を見れば分かる

自分が恋人にとって本命かどうか知りたい…と考える人は多いと思う。

恋愛メディアを見ていても、「本命彼女になる方法」はPV上位の定番ネタだ。

誰もが恋人のオンリーワンになりたいと思うのは当然のことだし、そうじゃなきゃ付き合う意味がないよね。

 

では自分が本命かどうかを見極めるにはどうしたらいいのか。

僕は”恋人が自分にかけた時間”を見るべきだと思う。

恋人にお金や言葉をかけることは不可欠だけど、時間だけは誤魔化しが効かない。

どれだけお金や言葉をかけても時間を補填するのは難しいんだ。

会えなかった時間をお金をつぎ込んで補うのも誠意の見せ方だけど「ただ一緒にいたいだけなのにな…」と思うし、どんな甘い言葉をかけられても自分にかけた時間が少なければ、説得力に欠けて心に響いてこない。

そもそもお金と言葉をかけるには「時間」が必要になるし、時間はお金と違って戻ってこないものだ。

 

僕は好きな人に対して、なるべく優先的に会うようにしてきた。というか本命の相手なら、どんなに忙しくても合間を縫って会いたくなる。

大好きな人だったら体調不良以外のドタキャンは絶対しないし、LINEで「最近、忙しくて返事できなかったわ!ごめん!」なんて恋人を蔑ろにはしない。

結局、優先順位が低い=そこまで好きじゃないから相手を蔑ろにできるんだよね。

 

自分が相手にどう思われてるかは「相手が自分のために使った時間」を見てほしい。

愛情表現は人それぞれだけど、どんな愛情表現にも「時間」は必ず必要になるからね。

 

 

 

「処女グダ」発言のナンパ師に、モラルを求めるのは無駄でしかない

先日、有名ツイッタラーの凛乃子さんの「ナンパ師に関するツイート」が話題になった。

「処女グダ」とはナンパ用語で「処女を理由に行為を拒否されること」であり、凛乃子さんのツイートに付随して、ナンパ師への嫌悪を露わにする女性の声が多く聞かれた。

ナンパ師の「処女グダ」発言に対する批判の種類は、以下の通りだ。

・ナンパ師の処女軽視に対する批判

・「セックスを数」としか見ていないナンパ師の価値観に対する批判

・「処女グダ」というワードの胸糞悪さに対する批判

 

ナンパ師にモラルを求めるのは無駄 

「処女グダ」というワードから見てとれる、女性の「初体験」をあまりに軽く見た発言に女性が不快になる気持ちはよく分かる。僕も”初体験”の記憶は色濃く残っているが、あまりいい思い出じゃないため、後悔している面がある。

だから自分自身には「初めては初めてでしかない」と言い聞かせてきたけど、これから”初体験”を迎える人に対しては「初めては大切にしてほしい」と考えている。

だがセックスをスコアとしか見ていないナンパ師に、女性が「彼女たちの今後を考えて!」と言うのは、的外れの批判だと思った。

 

ナンパ師のゴールは「ヤること」それだけだ。

彼らの関心事は、いかに「即」を狙ってスコアを稼ぐかだけであり、彼らにとって「処女」や「生理」はゲームを攻略する上での障壁でしかない。

そんな彼らにモラルを求めるのは、ナンセンスだ。

何を言ったところで「他人の人生なんて知らねえよ」と返されておしまいだろう。

 

女性はナンパ師に物申すより、ナンパ師の知識を深めたほうがいい

では今回の話題を今後に活かすにはどうしたらいいのだろうか?

僕が思ったのは、女性はナンパ師に物申すより、ナンパ師に対する知識を深めたほうがいいということだ。

例えば、処女の女性がナンパ師とベッドインしたことを後から後悔しても、それはナンパ師が100%悪いことにはならない。

お互いの合意がなければ”ただのレイプ”なので通報すればいいが、ベッドインに至るまで女性には何回も選択のチャンスがあったはず。渋々にでも合意をしたら自分に少なからず責任が発生するのだ。

 

ナンパ師はありとあらゆる手段で、女性から「Yes」を取りに行く。

例えば「イエスセット話法」と呼ばれる心理学に基づいた技術は、相手に対して「Yes」と言わせたい質問をする前に、簡単に「Yes」と答えられる質問を繰り返してから本題に入るものだ。

そもそもついていかないのが一番だけど、こんな風に自衛のための知識を持ち合わせるのは大切だと思う。

 

凛乃子さんはツイッターで「処女グダ」を検索して地獄を見たというが、僕はグーグルで「処女グダ」を検索して”修羅”を見た。

 f:id:yauyuism:20171022103400p:image

ナンパ師の思考は「いかに即るか」それしかない。

※即…会ったその日にセックスすること。

女性のあらゆるグダに対して、どう攻略していくか。

ナンパ師はそのために、何年も前から「処女グダ」というワードを生み出し「どうしたら処女グダを崩せるか」をシミュレーションして、試行錯誤を繰り返してきた。

この歴史を知っておくだけで、ナンパ師が何を考えているのかが分かるはずだ。

 

 

処女とヤリたがる男に思うこと

「処女グダ」というワードから分かるのは、「処女でもヤれればいい」という男が数多く存在することだ。

だが僕からしたら、処女の人とヤりたがる気持ちが理解できない。処女と致したところで、どんな欲が満たせるというのだろう?

 

自分の性欲を満たすのは、セックスに慣れてない女性相手では困難だし、処女厨の理由にありがちな「自分色に染める」という支配欲も、出会ってばかりで見ず知らずの女性で満たせるか…と言われたらありえないと思う。

 

そう考えたら、ナンパ師は自分のどんな欲求を満たすために「処女グダ崩し」に挑むのだろう?穴があればそれでいいと思ってるのだろうか。

そんなナンパ師を見ていると「セックスするためのナンパ」が「ナンパするためのセックス」になっているようで、とても滑稽に思えてならない。

 

僕の「処女厨」に対する偏見の記事は、下記記事にも書かれているので良かったら見てほしい。

www.yauyuism.com

 

 

【第1回お悩み相談】やうゆさん、股間が中折れした時の復活魔法を教えてください。

先日、僕にこんな相談が来た。

f:id:yauyuism:20170930173009j:image

男にとって「彼女との優勝時に中折れ問題」は死活問題だ。

ワンナイトの女性なら哀れな目で見られるだけで解決するが、彼女と致してるときに中折れしてしまうと彼女に「私ゆるいのかな…」とあらぬ心配をさせてしまい、優勝がストレスになってしまう。

そうなっては2人の関係にヒビが入りかねないため、中折れ問題で悩む相談者の気持ちはよく分かる。

 

そこで今回は、20代のための恋愛メディア「FUTARIDE」の運営者であるKayaさんと「男の中折れ問題」について話してきた。


やうゆ:第一回から「中折れ」という過激なテーマですが、かやさん大丈夫ですか?

Kaya:大丈夫だよ!ついていきます。 

 

やうゆの中折れ対策とは

やうゆ:僕がやってる中折れしない方法は、

「優勝予定日の前日はオナ禁をする!」

「亜鉛を飲む!」

「お酒を飲みすぎない!」

「あとは朝に優勝する!」くらいかな。

Kaya:色々やってるんだね。朝に優勝するのはどうして?

やうゆ:それはもう朝立ちパワーに身を任せるためさ。お酒を飲んだ日でも朝になれば、私の戦闘力は53万になる!

Kaya:あんたはフリーザか。

 

男は常に危ない橋を渡りながら、臨戦態勢を保っている

やうゆ:女性からしても彼氏が中折れしたら嫌でしょ?

Kaya:確かに嫌だなぁー。気持ちよくないのかな?って思う。私分からないんだけど、中折れってどういうときにそうなるの?

やうゆ:これは本当に些細なことなんだよ。例えばゴムをつけるのに手間取ったときもなるし、お酒飲みすぎても萎えちゃうしね。

Kaya:へえ~知らなかった。凛々しい見た目をして、意外と繊細なんだね。

お泊まりしてて「あれ?家に鍵かけたっけな?」とか気になったらもうダメみたいな?

やうゆ:そんな状態になったら僕はギンギンのまま、下半身裸で家の鍵をチェックしに行き、戻った頃には見る影もなく萎えきってるだろうね。このように男のもっこりは常に危ない橋を渡りながら、臨戦態勢を保ってるんだ。

 

女の子は男が中折れしてもがっかりしないで欲しい

Kaya:それはメンタル弱いとかではないの?笑

やうゆ:これはメンタルじゃないよ、男の性なんだ。だから中折れしても哀れな目で見つめないでほしい。

Kaya:哀れには思わないけど、そういう時は夢中になっててほしいとは思うから、悲しい気持ちになるかも。

やうゆ:やっぱり悲しい気持ちになるんだね…!

 

ハプバーで僕のチ○コは立たなかった

Kaya:私はあんまりそういう状況に遭遇したことがないからわからないけど、例えば年上の相手が多いとかでそういう状況に慣れていたらまた違うのかな。

やうゆ:年上だとそうだね。今はメタルキングの剣を股間に装備している僕も、いずれはバイアグラのお世話になる日が来るのだろうか…。

Kaya:(スルー)だから中折れのメカニズムが分かっていないと、私みたいな「悲しい」とかの幼稚な回答になっちゃうのかも。ここは女の子の器が問われるところだよね。こんなことで「え、私のこと好きじゃないの?」って思う子なんて絶対面倒くさいに決まってる。

やうゆ:処女だね、処女。

Kaya:どんなことでも受け止めてあげられるのは大事だよね。でも、女の子よりも男の子本人の方が「え~!」ってなっちゃいそう笑

やうゆ:実際、本気で焦るよ。以前、ハプニングバーに行ったときにお姉さんから股間を弄られたので、これはチャンスだ!と思い「いでよ!メタルキング!」と念じたのに、お酒の飲みすぎで僕のメタルキングはひのきのぼうにもならず、千載一遇のチャンスを逃したよ。あの時ほど自分の無力さを呪ったことはないね。 

 

インポスパイラル

Kaya:へえ~

やうゆ:あの時はすごく焦ったんだけど、焦れば焦るほどに負の連鎖に陥るのさ。

Kaya:やばいやばいやばいやばい…っなっちゃうんだ笑

やうゆ:そう。名付けて「インポスパイラル」。絶対に陥りたくないスパイラルNo.1だね。 だから女の子には暖かく見守ってほしいし、男は事前準備をしっかりしてほしい。スポーツ選手と同じで日頃の節制とトレーニングがモノを言うね。

Kaya:エロってストイックな世界なんだね。

 

今回コラボしたKayaさんとは

f:id:yauyuism:20171003233937j:image

20代半ばの巨乳です。嘘です。

Webマーケティングのお仕事をしながら、FUTARIDEという恋愛メディアを運営している名古屋のOLです。

ブログ:FUTARIDE

Twitter:@kaya_futaride

男が「賢者タイム」に陥るのは”つまらない女”を抱いているから

僕にとって自家発電とは、いわばレールのないジェットコースターのようなもので、快楽が頂点に達した瞬間、急降下どころではなく落下してしまうものだ。

自家発電後、下半身丸出しのまま陥る自己嫌悪に対し、いつも「今の僕は賢者タイムなんだ…」と言い聞かせてきた。

オナ禁を決意したのに何度も同じ過ちを繰り返してしまう僕の右手は、通称「呪われた右手」と呼ばれており、もののけ姫もびっくりの呪いがかけられている。

 

このように「賢者タイム」とは男性の欲求が満たされた時、それまでの興奮が急激に冷めて、ふっと我に返る状態のことだ。

Wikipediaでも「性交後憂鬱」という形で紹介され、一般的に男性なら誰もが陥る状態であるとされる。

だが僕は、この賢者タイムは”男なら誰もが陥る状態”だとは思っていない。

女性から見た「賢者タイム」とは「エッチしたら急に塩対応になった」状態だ。

だがそうなった原因は、ネットに書かれているような「欲求が満たされて、我に返った」状態とは少し違って、ムラムラが収まったことで女性に対して適切な評価を下せる状態になったからだと考えている。

 

男からすれば未優勝の女性は、ジミーチュウのヒールを履いているようなもの。

女性の魅力は大幅に底上げされており、大抵の女性が深キョンに見える状態なのだ。

だが日付をまたぐとシンデレラの魔法が溶けるように、1回優勝してしまえばボーナスタイムは終わってしまう。

 

ボーナスタイムが終わった時、女性の魅力は本来のものに戻る。

この時、女性側の魅力が男の及第点に達していない場合に起こるのが賢者タイムだ。

 

僕の今までの経験を振り返ると、可愛い女の子と優勝したときは”おかわり”をするか、女の子とイチャイチャすることが多かった。

少なくとも雑には扱わず、お姫様のように丁重に扱う。

 

だがジミーチュウのヒールがなくなり、女の子の魅力が及第点に達していなかった時は、さっきまで高揚していた興奮は過ぎ去り、目の前の女の子が肉塊にしか見えなくなる。

肉塊に優しくして何になる?塩対応したくなるし、腕枕もキスも拒否して然るべきなのだ。

だがこれでは、自分を受け入れてくれた女の子にあまりにも失礼だ。

 

ここで男女別に賢者タイムに対する心持ちを伝授したい。

賢者タイムの対処法(男性向け)

 男が賢者タイムに陥るのは、妥協して選んだ”つまらない女”を抱いているからだ。

ジャンクフードのような安い女を必死で口説いてモノにした自分に対する嫌悪感で胸がいっぱいになるだろう?

そんなものは、モテとは言わない。ただの消耗だ。

通称「呪われた右手」で行われた僕の自家発電よりタチの悪いものである。

 

このような消耗した気分になるのは「もう次のステップに進む時期」が来たアラームが鳴っていると思えばいい。

もっとレベルの高い女性を相手にするんだ。

最初は成功率が下がると思うけど、試行錯誤しながら前進するしかない。

 

そうすれば「賢者タイム」とは無縁の充実した優勝ライフが送れるよ。

 

賢者タイムの対処法(女性向け)

女性の場合、自分との初優勝ですでに男性が「賢者タイム」に陥ってるな…と思ったら、素直に「脈なし」だと捉えて身を引いたほうがいい。

男は脈ありならいつでも事後でも可愛がるものだ。

たとえ好意のある相手だとしても、相手が自分を大切にしようとしてない事実を受け入れることをおすすめする。

 

 

「命短し恋せよ乙女」という言葉があるが、あれは不毛の恋愛に時間を使えを言っているわけではない。

最初から先が見える恋に時間を投資するのは、ただの無駄だ。

あまりに価値がなさすぎて、経験にもカウントされやしない。

 

恋愛市場において、時間は大きな価値であり取り戻せない資産なんだ。

男の「賢者タイム」は一番分かりやすく脈を見抜ける手段だよ。